閉じる

2009.10.22


2009年度 色材研究発表会
(大阪府 エル・おおさか 2009/10/22〜23)


インキの流動挙動とレオロジー特性

今まで新聞やオフセットインキは原料を操作し実印刷機テストや小スケールでの試験法(実用物性測定法)を用いた測定結果との相関をとる事で印刷適性の良いインキを開発してきました。そこで今回、原料と実用物性との間にレオロジーの手法を取り入れる事で現象の定量化を行い、レオロジーで高次構造を推定する事でインキの流動性や粘着性などを支配する因子の解明を試みました。その結果、高速/低速領域におけるインキの流動性を支配する因子及びその寄与を明らかにしました。





page top


Copyright(C) DNP Fine Chemicals Co., Ltd.