閉じる

2010.10.04


第58回 レオロジー討論会
(宮城県 仙台国際センター 2010年10月4日〜6日)


インキのレオロジーと印刷適性

概要
オフセットインキの物性については、その印刷機の使用方法に即した粘度と流度があり、一般に何れも高いことが望ましいとされています。しかしながら、粘度と流度の大小は裏腹の関係にあり、一方を高く設計しようとすると他方が低くなってしまう傾向にあります。近年の印刷技術の向上と共に、粘度と流度の何れもが十分に高いインキへの要望はますます高くなってきています。
今回は印刷インキにおける流動特性のレオロジー解析について、低〜高シェア領域の挙動と降伏項、粘性項及び弾性項を表すパラメータとの関係を明らかにしました。特に、重要な印刷適性であるミスチングの支配因子の解明を試みました。

ABSTRACT:
The rheological analysis of about 70 kinds of the offset inks has shown that our flow characteristic formula(@) seems to correlate with the printabilities(Flowability, Tackiness, Misting and so on ) of these inks.
Sm×ηn×G p ・・・@ (S:Yield term,η:Viscosity term,G:Modulus term and m+n+p=1)
We have found that the printabilities depend on the Yield, the Viscosity and the Modulus terms, and also the parameters(m,n,p) indicate the contributions of these terms. Under low stresses, m>0, n>0 and p>0. Under high stresses, m=0, n>0 and p>0. Subsequently, we have reported about the black inks that G’ modified by the measurements of the temperature dependence show an improved correlation with the misting property.



page top


Copyright(C) DNP Fine Chemicals Co., Ltd.