閉じる

2015.08.20


第38回日本バイオレオロジー学会年会


動物血液の凝固過程における流動挙動解析

過去に血液の流動特性と体の機能・疾患の相関関係を明らかにする試みがなされて来ていますが、印刷インキに対して我々が提案した流動挙動解析手法を適用することで、異なった視点から血液の流動特性と機能との相関解析を試みました。昨年度年会にて、豚血液の凝固過程解析に関しては本手法が有用と示唆される結果を報告しました。さらに昨年度第62回レオロジー討論会(日本レオロジー学会)にて、牛血液を使用した実験結果について報告しました。今回は豚血液のヘパリン Na 凝固制御系について、詳細な実験を行った結果を報告しました。




page top

Copyright(C) DNP Fine Chemicals Co., Ltd.