アーカイブ事業について

貴重な文化遺産として次世代へ継承することを目的に、グラフィックデザインとグラフィックアートの優れた作品と関連資料の収集・保存を行なっています。

コレクションの中核は、アメリカ現代版画の「タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション」と、日本の現代グラフィックデザインの包括的なコレクション、「DNPグラフィックデザイン・アーカイブ」です。これらのコレクションや関連資料は、教育・研究目的に限り閲覧や貸し出しなどにも対応しています。詳細はDNP文化振興財団までお問い合わせください。

タイラーグラフィックス・アーカイブコレクション

20世紀後半のアメリカ現代版画の隆盛を牽引した版画工房、タイラーグラフィックスがアーティストたちとのコラボレーションによって制作した作品のコレクションです。タイラーグラフィックスは、マスター・プリンター、ケネス・タイラーが1974年にニューヨークに設立したアメリカを代表する版画工房。既成概念にとらわれない革新的なアイデアと技術を駆使して版画芸術の可能性を拡張したことで知られています。コレクションを構成するのは、同工房が1974年から2000年までの活動期間に、40名のアーティストたちとのコラボレーションを通して生み出した約1,000点の版画作品とその関連資料。その中には、フランク・ステラ、ロイ・リキテンスタイン、ロバート・マザウェル、ヘレン・フランケンサーラーなど、アメリカ現代美術の巨匠たちの作品が数多く含まれ、版画の歴史だけでなくアメリカ現代美術史を概観する上でも貴重な資料といえます。

DNPグラフィックデザイン・アーカイブ

グラフィックデザインはわたしたちの日常生活にもっとも関りの深いアートの分野であるにもかかわらず、それらを組織的・体系的に収集保存し、すぐれた文化遺産として次世代に継承してゆく活動が、絵画や工芸などにくらべて十分ではありませんでした。DNPグラフィックデザイン・アーカイブは、こうした状況を改善するために、国内外のグラフィックデザイナーたちに呼びかけ、代表作をご寄贈いただくことで開始された事業です。2010年末現在、約100名の作家による9,000点を超える作品が含まれ、今なお成長をつづけています。また、わが国のグラフィックデザイン界に偉大な足跡を遺された田中一光と福田繁雄の両氏については、それぞれのご遺族からご寄贈を受けた合計で2万点を超える貴重な作品群と関連資料で構成される、「田中一光アーカイブ」と「福田繁雄アーカイブ」を設立し、両氏に関する研究拠点の役割を担っています。