今月の一冊

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)、京都dddギャラリー、CCGA現代グラフィックアートセンターの出版物をご紹介しています。

版で発信する作家たち: after 3.11展カタログ

福島県における版画芸術の普及振興を目的に、県内の複数の画廊と版画家たちによる共同で10年間にわたり継続された展覧会プロジェクト「版で発信する作家たち」展。本書は2012年3月にCCGAで開催した同プロジェクトのフィナーレを飾る展覧会のカタログです。東日本大震災とそれにつづく福島第一原発を経験した福島県ゆかりの版画家11名と、彼らと交流をつづけてきたポルトガルの版画家14名、計25名による63点の作品図版を収録しています。テキストは丸山浩司、ファティマ・フェレイラ他。

企画・編集:
版で発信する作家たち展実行委員会
テキスト:
丸山浩司、ファティマ・フェレイラ、テレーザ・パト、マヌエラ・クリストバォン
翻訳:
伊藤廉
デザイン:
亀井伸二、原純子(有限会社W.O.Design)
制作:
株式会社DNPアートコミュニケーションズ
印刷・製本:
大日本印刷株式会社
発行:
公益財団法人DNP文化振興財団
発行日:
2012年3月1日
言語:
日本語、ポルトガル語
装丁:
ソフトカバー
サイズ:
30.5×22.8cm
ページ:
80p
販売価格:
1,500円(1,429円+税)
購入:
CCGAにて販売しております。詳しくはCCGAまでお問い合わせください。
  • ccga

でご購入いただけます。

BackNumber