CCGA版画工房

福島県須賀川市の緑豊かな宇津峰山麓で、版画とグラフィックデザインを専門に活動をおこなってきたCCGA現代グラフィックアートセンターでは、一般の方々を対象にした版画工房を2012年に開設いたしました。
須賀川は、日本でもっとも早く西洋式の銅版画を制作したひとりである江戸時代の画家・亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)の出身地であり、2012年にはその作品が国の重要文化財にも指定されました。CCGAでは版画にゆかりの深いこの地に小規模ながら本格的な設備を備えた版画工房を新設し、一般の方々が版画制作を体験できるワークショップと、経験者向けの工房の一般開放をおこなってまいります。

CCGA版画工房概要

名称 CCGA現代グラフィックアートセンター版画工房
所在地 〒962-0711福島県須賀川市塩田字宮田1(宇津峰カントリークラブ入口)
CCGA現代グラフィックアートセンター敷地内
工房面積 66u
設備 銅板用プレス機、木版用プレス機、木口木版・活版用平圧プレス機、各1台
(凹版、凸版、平版、孔版の版画4版種すべてに対応可能なよう順次拡充予定)

ワークショップ
開催は不定期です。ワークショップの内容・開催日程の情報はCCGAのFacebookページにて随時公開してまいりますので、あわせてご覧ください。

イメージ

CCGA版画工房一般開放

CCGA版画工房では、これまで開催したワークショップを受講された方々をはじめ、版画制作経験者向けに工房の一般開放をおこないます。
利用申込の概要は以下の通りですので、ご利用を希望される場合は、「CCGA版画工房一般開放利用のお申し込みについて」pdfをお読みのうえ、同書類に添付の「CCGA版画工房利用申込書」にてお申し込みください。
みなさまの継続的な版画制作の場として、CCGA版画工房を活用いただければ幸いです。

CCGA版画工房一般開放利用申込概要

利用資格 希望する版種での制作の経験(CCGAでのワークショップ受講を含む)のある、
中学生以上の方(18歳未満の方は、保護者の方の同意が必要です。申込書にご署名ください。)
利用可能日時 毎週土曜日(ワークショップ開講日およびCCGA休館日を除く)午前10時〜午後4時
制作可能な版種 銅版画、木口木版画、リトグラフ(順次拡大予定)
利用料 1回のご利用につき500円(消費税込。プレス機、彫刻刀、ニードル等の機材、道具およびインク、
薬液類、ウエス等消耗品の使用料を含む)頂戴します。
ただし、版材(銅版、木版用版木、リトグラフ用アルミ版等)および版画用紙は、
各自ご用意いただくか、工房の在庫を実費にてお買い求めください。
申込方法 「CCGA版画工房利用申込書」にご記入のうえ、利用日の前日までにご提出お願いいたします
(利用日の前日が休館日の場合は前々日までにお申し込みください。
また電話・FAXによる仮申し込みも受け付けます。
その場合、申込書は利用当日の受付の際ご提出ください)。利用当日のお申し込みはできません。
利用開始日 平成25年10月12日(土)
詳細や注意事項については「CCGA版画工房一般開放利用のお申し込みについて」pdf
記載しておりますので、ご利用を希望される場合はかならずご一読ください。
ご不明の点はCCGAまでお問い合わせください。