バウハウス100周年記念講演会
アフター・ザ・バウハウス:ニュー・バウハウスとブラック・マウンテン・カレッジ

1933年のバウハウス閉校後、アメリカに移住したバウハウス関係者がかかわった二つの教育機関、ラースロー・モホイ=ナジが設立したニュー・バウハウスと、ジョセフ・アルバースが教鞭をとったブラック・マウンテン・カレッジに焦点をあて、アメリカでのバウハウスの影響を検証します。モホイ=ナジ研究やアルバース研究の第一人者たちによる講演と、実際にニュー・バウハウスの学生だった故ネイサン・ラーナー夫人、キヨコ・ラーナーさんのお話をうかがいます。

日時 2019年12月13日(金)14:00〜17:00(13:30開場)
会場 DNP銀座ビル(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)3階
〒104-0061東京都中央区銀座7-7-2
主催 公益財団法人DNP文化振興財団
後援 バウハウス100周年委員会
定員他 先着70名、要予約、聴講無料、好評のため定員90名で追加募集いたします。
満席のため受付を終了いたしました。
プログラム
14:00
ニュー・バウハウス:L.モホイ=ナジとG.ケペシュ、そしてMITへ
井口壽乃(埼玉大学副学長)
14:45
アメリカにおけるバウハウス:ジョセフ・アルバースの教育活動を中心に
天貝義教(秋田公立美術大学教授)
15:30
ブラック・マウンテン・カレッジ探訪
永原康史(多摩美術大学教授)
16:15
対談 ニュー・バウハウスとネイサン・ラーナー
キヨコ・ラーナー、聞き手:井口壽乃

(敬称略)

17:00
閉会
申込方法 こちらからお申込みください。

受付終了

お問合せ 公益財団法人DNP文化振興財団
研究助成係 Tel: 03-5568-8203
お問い合わせはこちらから