展覧会情報

京都造形芸術大学プロジェクトセンター×京都dddギャラリー連携企画展 experimental studies | post past

2016年12月14日(水)〜2016年12月24日(土)

デザイン:見増勇介
デザイン:見増勇介

■背景
これまでの京都dddギャラリーでの展覧会は、主に世界の巨匠や新進気鋭の作家を取り上げ、グラフィックデザインの最先端をお見せするものでした。しかし、芸術系の大学や専門学校が集積する京都への移転を機に、今後は、教育機関や研究機関との連携を深めて、若い世代にグラフィックデザインの魅力を伝えたり、デザインの歴史を再検証したり、といった活動にも挑戦したいと考えています。京都造形芸術大学プロジェクトセンターと連携して共同開催する本展は、その第二弾となるものです。今年の4月に開講した通年のプロジェクト型授業では、受講生が活字技術を振り返る東京での研修を体験。その後の授業を通じて練り込んで来た受講生各自の制作物による展覧会は、はたしてどのようなものとなったでしょうか?