ギンザ・グラフィック・ギャラリー

 
 
 

gggbooks

展覧会情報

第343回企画展
APPLE+  三木 健|学び方のデザイン「りんご」と日常の仕事

2015年03月05日(木)〜2015年03月31日(火)

3月のギンザ・グラフィック・ギャラリーの企画展は、独創的なデザイン教育で注目される、三木健の『学び方のデザイン「りんご」と日常の仕事』を展示する『APPLE+』です。「りんご」という世界中の誰もが知っている果物を通してデザインの楽しさや奥深さに気づく。この教育メソッドは、AGI(国際グラフィック連盟)の講演で世界を代表するデザイナー達に高い評価を得て、スイスのラース・ミュラー・パブリッシャーズより国際出版されました。「デザインは単に見える化することじゃない。何かが見えてくる化すること」という三木健の授業そのものをデザインする「新しい授業のカタチ」にご期待ください。

Design: Ken Miki

Design: Ken Miki

 

会場

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
Tel. 03-3571-5206
11:00am− 7:00pm (土曜日は6:00pmまで)
日曜・祝日 休館  入場無料

※ 3月21日(土)は祝日のため休館いたします

ギャラリートーク

■ギャラリートーク1
日時: 2015年3月6日(金)6:00 - 7:30p.m.
出演: 三木健+山崎亮(コミュニティデザイナー)

※ 終了いたしました。


■ギャラリートーク2
日時: 2015年3月20日(金)6:00 - 7:30p.m.
出演: 三木健+太刀川英輔(NOSIGNER)

※ 終了いたしました。


DNP銀座ビル3階にて 要予約・定員各70名

三木健(みきけん)

グラフィックデザイナー 1955年神戸生まれ。1982年三木健デザイン事務所設立。話すようにデザインを進める「話すデザイン」と、モノやコトの根源を探る「聞くデザイン」で物語性のあるデザインを展開。「気づきに気づく」をテーマに静かな表現の中にエモーショナルなコミュニケーションを潜ませる。主な仕事に世界グラフィックデザイン会議コングレスキット、日本アイ・ビー・エム ThinkPadプロモーション、ベルメゾン、大阪薬科大学、京急百貨店のシンボルマークなど。近年、学びをデザインするプロジェクトAPPLEがスイスより国際出版。主な受賞にJAGDA新人賞、日本タイポグラフィ年鑑グランプリ、東京TDC銅賞、世界ポスタートリエンナーレ富山銀賞、N.Y.ADC優秀賞など国内外で多数。著書にAPPLE(ラース・ミュラー・パブリッシャーズ)、Ken Miki Selected Works 1994-2002(アムズ・アーツ・プレス)など。JAGDA、東京TDC、AGI会員。大阪芸術大学教授。
http://ken-miki.net

お問い合わせ

ギンザ・グラフィック・ギャラリー 担当:早川 Tel. 03-3571-5206

Apple: Lars Muller Publishers

Apple: Lars Muller Publishers

 
ThisIsMecenatロゴ

© 2011 DAI NIPPON PRINTING CO., LTD

 

携帯からのアクセスはこちら

http://www.dnp.co.jp/foundation/m/