展覧会情報

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第368回企画展 横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975

2018年09月05日(水)〜2018年10月20日(土)

Design:Tadanori Yokoo
Design:Tadanori Yokoo

時代の寵児として先陣を切って若者文化を牽引していた横尾忠則は、1974〜75年にかけて、東京新聞に連載された瀬戸内晴美(現・瀬戸内寂聴)による時代小説『幻花』のために挿絵を描いていました。室町幕府の衰退を一人の女性の視点から綴ったこの小説に、横尾は自由奔放な発想をもって、実験的手法を繰り出しながら、超絶技巧の挿絵を次々と生みだしていったのです。2015年12月、兵庫の横尾忠則現代美術館にて、挿絵の全原画が一般公開されるまで、その存在を知るものはほとんどいませんでした。そのとき、40年間の封印から解き放たれた原画たちは、横尾が第一線で活躍するなか東洋思想への関心を深めていた70年代半ばの、時代の空気やエネルギーを強烈に発散しつつ、新たな生命を解き放ったのです。

今後の予定

noimage

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第370回企画展 三澤 遥 展

2018年12月03日(月)〜2019年01月26日(土)