[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

ギンザ・グラフィック・ギャラリー第290回企画展
Push Pin Paradigm 
プッシュピン・パラダイム
Seymour Chwast / Paul Davis / Milton Glaser / James McMullan 
シーモア・クワスト / ポール・デイヴィス / ミルトン・グレイザー / ジェームズ・マクミラン
2010年9月2日(木)〜9月28日(火)

 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の9月展は、「プッシュピン・パラダイム シーモア・クワスト / ポール・デイヴィス / ミルトン・グレイザー / ジェームズ・マクミラン」を開催いたします。
 プッシュピン・スタジオ(Push Pin Studio)は20世紀において、もっとも影響力のあったデザイングループの一つです。音楽の流れを変えたのがビートルズなら、デザインやイラストレーションの流れを変えたのはプッシュピン・スタジオといっても過言ではありません。1950年代、シーモア・クワスト、ミルトン・グレイザー等、クーパー・ユニオン・アート・スクールの学生たちが設立したデザイン会社は、瞬く間に世界にその名を轟かせ、世界中に「プッシュピン 現象」を巻き起こしました。
 今回の展覧会は、「Paradigm=パラダイム(ある一時代の物の見方、考え方を規定している理論的枠組)」がキーワードです。プッシュピン・スタジオの主要メンバーの4人が、どのようにプッシュピンから影響を受け、そこから「核分裂」してどのように各々の道へと邁進していったかを、厳選されたポスター、原画、雑誌、書籍など約200点でご紹介します。
 展示の「核」となる作品群は、ニューヨーク・デザインの黄金時代、1960年代とその前後。世界的な広がりで変革の嵐が吹き荒れ、近代という概念や既成の文化などが激しく問われた時代でもありました。あれから約半世紀、時代を超えて今なお輝き続けている不朽の遺産に出会える展覧会となります。

会場


ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
2010年9月2日(木)− 9月28日(火)

〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル  tel. 03.3571.5206
日曜・祝祭日休館 11:00a.m.−7:00p.m.(土曜日は6:00p.m.まで)  入場無料

オープニングパーティ


日時 : 2010年9月2日(木) 5:30−7:00p.m.
会場 : ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ギャラリートーク


日時 : 2010年9月2日(木) 4:00−5:30p.m.
出演:ポール・デイヴィス+マーナ・デイヴィス *逐次通訳
会場 : T’s銀座Room11A 中央区銀座5-5-14 GINZA GATES 11F
     www.tsrental.jp/location/ginza/map.html
*先着70名、要予約。参加ご希望の方は、ギャラリーまでお電話にてお申込下さい。

*お問い合わせ、ご質問などは、下記までご連絡ください。
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg) 担当:堤/ tel.03.3571.5206
プッシュピン・スタジオについて マーナ・デイヴィス
1950年代初め、クーパー・ユニオン・アート・スクールの少数の卒業生が集まってゆるやかなグループを作った。これがプッシュピン・スタジオの始まりである。彼らは「プッシュピン・アルマナック」誌(The Push Pin Almanack)を刊行し、自分たちのデザイン・イラストレーション作品を世に紹介した。1954年の結成時のメンバーはグレイザー、クワスト、そしてエドワード・ソレルである。1957年に「アルマナック」はより野心的な「プッシュピン・グラフィック」となった。形式、サイズ、テーマが毎号異なる雑誌である。刊行は年6回、後期には世界中の3千の定期購読者に毎号8千部が送られた。これを通じてスタジオの中核メンバーの作品が紹介され、彼らの思想が世に急速に知られるようになった。
プッシュピンの技法的特徴は洗練された折衷性にある。それはイタリア・ルネサンス、アール・ヌーヴォーおよびアール・デコ、初期アメリカ絵画、19世紀木版・木工木版画、ロシア構成主義、19世紀から20世紀にかけての今日は忘れられた活版印刷スタイルからインスピレーションを得たものであった。
1963年、ポール・デイヴィスはプッシュピン・スタジオから独立した。彼の最もよく知られている作品は、おそらく、ジョゼフ・パップのニューヨーク・シェークスピア・フェスティバル/パブリック・シアターのための大胆なポスターである。書籍と娯楽における彼のイラストレーションは、ヨーロッパと日本のギャラリーと美術館で幾度も展示された。
結成まもなくからのメンバーであるジェームズ・マクマランもまた、後に独立している。ニューヨーク誌の「Tribal Rites of the New Saturday Night」に彼が描いたスケッチ風の水彩画は、ディスコ文化に影響を与えた。彼は雑誌の仕事の他に、リンカン・センター・シアター他の施設やイベントのための数百枚のポスターの制作、数十点の書籍のための挿画制作を行っている。
ミルトン・グレイザーはニューヨーク誌の創立者の一人であり、1972年に自らの名を冠したデザイン会社を創設している。彼は数百の文化ポスターを制作し、無数の雑誌をデザインし、レストラン、スーパーマーケット、美術館・博物館、出版社等々のためのマークや商品を開発した。ニューヨーク州の依頼で彼がデザインした「I ♥ N Y」キャンペーンのロゴは遍く知られており、また、類似デザインを数多く生み出している。
シーモア・クワストはプッシュピン・グループInc.の社長として1981年までプッシュピン・グラフィック誌の刊行を続けた。社会批評をイラストレーションに織り交ぜるのが彼のスタイルである。作品は食品パッケージや雑誌・書籍の挿画などである。クワストは『左利きのデザイナー』と呼ばれており、これがのちに彼の作品に関する本のタイトルとなった。
非凡なる初期の活動以来数十年が過ぎた。しかし、プッシュピン・スタジオは、同グループの黄金時代に参加したすべてのアーティストにとって、そして世界中のグラフィックデザイナーにとって不朽の遺産であり続けている。
● 参考図版
Seymour Chwast
Paul Davis
Milton Glaser
James McMullan
前のページへ戻る ページの先頭へ戻る

携帯からのアクセスはこちら

http://dnp-test.mediagalaxy.ne.jp/foundation/m/