ENGLISH

DNP TOP

 

事例紹介

大同工業株式会社 様

リップマンホログラムでバイク用チェーンの模倣対策

バイク用チェーン製品の模倣品対策としてDNPのリップマンホログラムをご採用いただきました。

導入ソリューション :
業界 :
製造業(自動車部品)

事例紹介一覧へ戻る

 概要

バイク用チェーン業界のリーディングカンパニーである大同工業株式会社様は、昭和8年の創業以来、世界のトップブランド「D.I.D」を確立し、海外においても高い評価と信頼性を獲得し、実に世界シェア70%の規模に拡大しました。

近年、特に東南アジア、中南米において「D.I.D」のドライブチェーンの模倣品が市場に出回り始めました。低品質の模倣部品は大変危険であり、走行中にチェーンが切れるなど命に関わる事故を引き起こすことになります。また、高い品質で支持・確立された「D.I.D」ブランドのイメージが、低品質の模倣品の出現によって低下・崩壊してしまうことが危惧されはじめました。そこで、早急な模倣品対策が迫られる中、対策効果の大きい「ホログラム」の導入検討を開始しました。


ブランドプロテクションツールとしてホログラムの採用を検討し、数社の提案を受ける中で、DNPのリップマンホログラムが持つ立体感、特殊で高度な複製技術を要するという特徴が最も高い評価をいただき、ご採用いただきました。

 

導入ソリューション

  • 上下左右の立体感が表現できる次世代型ホログラム

    リップマンホログラム

    リップマンホログラムとは、フィルム上に特殊なフォトポリマー層を塗布し、物体から反射させた光の干渉縞を、材料内部の密度を変化させることによって記録したハイセキュリティなホログラムです。リップマンホログラムは卓越した立体感を持つ画像表現ができ、その製造には高度な複製技術を要するため、量産可能なメーカーは世界でも限られています。

  • 模倣品による被害を防止する

    ブランドプロテクションホログラム

    偽造されにくいホログラムを製品に取り入れることは、模倣品対策として有効な物理的手段です。DNPのホログラムは国内外の多くのブランド(自動車部品、電子部品、バッテリー製品、医薬品、プリンターサプライ品など)に採用されています。消費者が誤って模倣品を手にすることを防ぐためだけでなく、税関での真贋判定にも役立ちます。