ENGLISH

DNP TOP

 

ソリューション

特権ID管理ソリューション

iDoperation(アイディオペレーション)

重要な情報やシステム環境の変更が行える「特権ID」は、厳格な管理が求められます。iDoperation(アイディオペレーション)は、特権ID管理に欠かせない4つの要素(申請と承認/ID管理/アクセス制御/監査ログ)で構成されたソリューションパッケージです。

課題・機能 :
セキュリティ業務効率化
製品・サービス :
オフィスセキュリティサイバーセキュリティ
キーワード :
金融流通情報漏えい対策

特長

監査対応が可能

多くの監査対応のシステム構築ノウハウを元に製品化しています。
監査で重要な「パスワード管理」や「ログ管理」などのポイントをサポートしています。

運用改善が可能

負担のかかる特権IDの管理を、効率的かつ確実に管理が可能です。
効率化できるので、監査対応の運用で手が回らなくなる、という問題をなくします。
スケジュールや自動でのレポート出力も可能なので、業務負荷を削減できます。

すぐに導入が可能

特権IDの管理で重要となる要素をパッケージソフトウェアとして提供しています。
そのため、細かなシステム設計等は不要です。
必要な機能を選択いただき、マニュアルに従ってすぐに設定、導入することが可能です。

機能

特権ID管理に欠かせない4つの基本プロセスをモジュール化しています。

申請と承認

ワークフロー機能で申請に基づいた利用と管理を実現します。
特権IDは申請・承認に基づき利用が許可されることで、不正アクセスを防ぐことができます。
申請に基づいてIDを貸し出すことで、申請情報に基づいたIDの運用を実現します。申請書があれば誰が、いつ、何のために、特権IDを利用するのか、管理者が把握できます。

ID管理

ルールに従って複数システムの特権IDを集中管理します。
承認された利用申請に基づいてアクセス権限の付与を行い、IDを払い出すことが可能です。
さらに今まで煩雑だったパスワードの定期的な変更、棚卸しなどの管理負担を解消します。

アクセス制御

アクセス可能なサーバ、期間、時間などを個人単位で設定し、そのルールに基づいて利用者のサーバへのアクセスを制御します。特権IDのパスワードを隠蔽したまま利用者はサーバへアクセスが可能となるため、セキュリティを高く保ったままサーバアクセスが可能となります。

監査ログ

申請情報とログを突き合わせ監査レポートを作成します。
内部統制の監査では、特権IDの利用者を特定し、申請どおりに作業が行われていることを証明する必要があります。そのため申請情報とアクセスログを照合できる仕組みを整えておくことが重要です。
ログの収集は万が一、何かが起こった時に原因を速やかに追究し、被害を最小限に抑えるためにも必要です。

導入モデル

お客さまのニーズに合わせて、必要なプロセスを組み合わせたモデルから選択して導入できます。

不正アクセスの予防を徹底しつつ、万が一発生してしまった場合には、速やかにその原因を追求してセキュリティ向上に活かせるモデルです。
監査への対応も容易になります。

申請に基づくアクセスを重視し、不正アクセスを後追いで対策するのではなく、システムの入り口からアクセス権限のコントロールを徹底するモデルです。

その他、お客さまのご要望に合わせて、5つのモデルをご用意しています。

その他

iDoperationは、エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社の登録商標です。
製品の仕様は予告なしに変更することがあります。
記載内容は2014年3月現在のものです。 
 
 

関連ソリューション

  • DNP金融向けセキュリティソリューション

    サイバーセキュリティへの取り組みは、もはや情報システム部門など一部門の課題ではなく、経営層の参画が求められる課題となっています。特に標的型攻撃やDDoS攻撃、さらに内部不正による情報漏洩は、経営に甚大な影響を及ぼします。DNPは、情報・物理の両面のリスクに対応可能なソリューションを提供し、お客さまのセキュリティ強化を支援します。