ENGLISH

DNP TOP

 

ソリューション

個人情報検出ツール

P-Pointer®(ピーポインター) / P-Pointer EXA(ピーポインター エクサ)

個人情報を特定するための辞書を使って、PCやファイルサーバ内の、Excel、Word、PowerPoint、csv、pdf、圧縮ファイルなどのファイルの内容を検索し、個人情報や機密情報を含むファイルを 可視化するツールです。個人情報の所在を把握し、適正な保護、管理をすることで、情報漏えいリスクの根本的な低減につながります。

課題・機能 :
セキュリティ
製品・サービス :
PCセキュリティオフィスセキュリティサイバーセキュリティ
キーワード :
金融流通情報漏えい対策

特長

PC、サーバ内の個人情報ファイルを高速自動検出

Excel、Word、PowerPoint、text、csv、pdf、各種圧縮ファイル等、様々なアプリケーションファイルの内容を検索し、名前や住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号等の個人情報を含むと推定されるデータを洗い出します。

インストール不要

検索対象となるPC へのインストールが不要なWindowsファイル共有型を採用しています。また専用サーバの準備やデータベースの構築なども必要なく、導入してすぐにお使いいただけます。
ファイルサーバ上などの、監査対象PCから読み書きできる領域に監査プログラムを配置し、各PCからファイルを実行することで検索が開始されます。検索が終了すると、監査結果が所定の共有領域に暗号化されて格納されますので、管理者側から、全ての監査結果を確認することができます。

管理者による監査結果の一元管理

PCの利用者が自分のPC内を自主的に検索するほか、AD(Active Directory)連携などによる自動実行によりPCの利用者に意識させずにPC内を検索し、管理者が管理コンソール上で各PCの検索結果を確認することができます。

ファイルサーバの検索

ファイルサーバ上にある個人情報の検索に特化したP-Pointer EXAもご用意しています。P-Pointer EXAは、リアルタイムでファイルサーバを監視し・新規作成や更新されたファイルを自動的に検出するため、検索時間をかけずいつでも最新の結果を閲覧できます。検出したファイルは、ポップアップで通知させることも可能です。

その他

P-Pointerは、アララ株式会社の登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。 
製品の仕様は予告なしに変更することがあります。
記載内容は2016年5月現在のものです。