ENGLISH

DNP TOP

ソリューション

従来までの紙媒体の郵送による通知に代わる電子交付サービス

電子交付サービス

インターネットバンキングのご利用者様に対して、これまで紙媒体として郵送していた帳票を、電子帳票として交付するサービスです。 本サービスは、インターネットバンキング経由で交付する電子帳票を閲覧いただけます。 そのため、サービス利用にあたり、ご利用者様にて新たな申し込みや設定作業がなく、スムーズにご利用いただけます。

課題・機能 :
業務効率化
製品・サービス :
IPS
キーワード :
金融

特徴

インターネットバンキングと連動したサービス提供

インターネットバンキングからサービスを提供するため、ご利用者様においてはあらたにID/PW管理をすることがなくご利用しやすいシステムになります。また、金融機関様においては、システム構築を検討する必要がないため、導入負荷が軽減頂けます。 

個人/法人のインターネットバンキングに対応

電子交付サービスは、個人用・法人用どちらのインターネットバンキングとも連携し、電子帳票をご提供致します。

安価でスムーズな導入

ご利用者様や金融機関様のご利用機能をメニュー化してご用意することで、導入にあたっては安価でスムーズにシステムを構築致します。また、金融機関様のご要望に応じたカスタマイズも可能です。それぞれの業務、運用に合わせたシステムを構築致します。

電子交付サービス 

導入効果

金融機関様

コスト削減

紙媒体の削減により、郵券代と紙媒体制作費を削減することが可能です。

情報漏洩対策

郵送による誤配送や紛失による個人情報の漏洩が発生しません。

管理負荷の軽減

不着として返戻された郵送物の管理負荷が軽減されます。

インターネットバンキング加入率の向上

ご利用者様の利便性向上による、インターネットバンキングの普及が期待できます。

 ご利用者様

いつでも電子帳票を閲覧可能

インターネットに繋がる環境であれば、いつでもどこでも電子帳票を閲覧することが可能です。

利用者への配信速度が早い

郵送に比べて、帳票を閲覧できるまでの時間が短縮されます。

集計が容易になる

電子帳票の明細部分をCSVでダウンロードできるため、データ集計を容易に行うことができます。 (オプション機能)

保管・管理の利便性向上

帳票の保管もパソコン内でできるため、場所も取らずに紛失の心配もありません。

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。