ENGLISH

DNP TOP

ソリューション

世界初!圧力がかかると発光する印刷

応力発光印刷

印刷面に圧力をかけると発光する印刷物です。暗い場所で印刷物を切る、折り曲げる、引っ掻くなどの動作をすると光ります。ブラックライトなどの器具を必要とせずに、発光を目視で確認することができる新しい技術です。

課題・機能 :
セキュリティ印刷・プリント
製品・サービス :
セキュリティ印刷

特徴

応力発光印刷は、ひずみが生じると発光する特殊な分子構造を持つ応力発光体を活用したもので、圧力がかかったときだけ発光し、元に戻せば消えるという特徴を持っています。

使用方法

数分ほど印刷面に光を照射した後、暗い場所で印刷物を切る、折り曲げる、引っ掻くなど圧力をかけると、緑色の光を発します。また、太陽光や蛍光灯などを照射した後、暗い場所に移動しても、しばらく残光が生じる“燐光性”もあります。この応力発光や燐光を発する印刷物を正規品と見なすことによって、真贋判定に利用できます。

チケット類の偽造防止として

ミシン目を切ったり、折り曲げたりしたときの光を確認して真贋を判定できます。

デザイン用途として

アイキャッチ効果の高い商業印刷物や雑誌付録を提供できます。

機械認証として(※要開発)

応力発光や燐光を利用した判定機の開発も可能です。