ENGLISH

DNP TOP

 

ソリューション

アノト方式デジタルペン

アノト方式デジタルペンは、用紙表面に印刷された特殊な配列の「ドットパターン」をペン先の赤外線カメラによって読み取ることで、手書きした文字や図の筆跡を記録します。 各ドットは、0.3mm間隔で並んだ仮想格子の交点から上下左右に少しずつずれて配置されており、このずれによって4つの情報が表され、さらにこのドットが縦横6個ずつ、計36個集まって1つの座標を表します。 通常ドットパターンは赤外線を吸収する黒色で印刷されているため、それ以外の色で印刷された絵柄の影響を受けることなく座標を読み取ることができます。

課題・機能 :
業務効率化
製品・サービス :
デジタルペン
キーワード :
クロスメディア

アノト方式デジタルペンの種類

アノト方式デジタルペンには、ペンの中にメモリを持つタイプと持たないタイプが存在します。前者は記入した筆跡をペンに蓄えることができるため、端末などを持ち歩くことができない用途に向いています。また、後者は取得した筆跡をリアルタイムに端末へ送信することができるため、紙を端末のインターフェースの一部として使用することができます。

デジタルペン対応用紙

デジタルペン対応用紙の作成方法

デジタルペン対応用紙は、お客様が持つ帳票などの紙に固有のドットパターンを割り当て、印刷機またはプリンターを使って作成します。

コピーパターンとユニークパターン

紙1枚ごとにドットパターンを変えて印刷することを「ユニークパターン」、1種類の紙すべてに同じドットパターンを割り当てて印刷することを「コピーパターン」と呼びます。

「ユニークパターン」はプリンターを使うことが必須となりますが、ペンが紙1枚1枚を識別できるようになるため、筆跡の混在が許されない運用シーンなどに適しています。(PODシステム)

「コピーパターン」は、意識して紙1枚1枚の記入を区切る必要があるため運用ルールが必要ですが、印刷機を使うことができるため、比較的安価に紙を作成することができます。

DNP受託製造モデル

DNPはアノト社より「オフセット印刷認定」「デジタル印刷認定」を取得しており、弊社工場にてお客様のご要望に応じたデジタルペン対応用紙を製造することができます。

*複写帳票、製本などの加工にも対応しています。

オフィスプリントモデル

アノト認定プリンターを使用し、お客様ご自身でデジタルペン対応用紙を印刷していただくこともできます。

媒体や仕様によって製造検証が必要となる場合がありますので、ご相談ください。

アノト方式デジタルペンを使用したシステム構成

PCモデル

デジタルペン用のアプリケーションをスタンドアロンPCにインストールし、筆跡のイメージ化や文字認識などの処理をPC内で行うモデルです。小規模なシステムにもデジタルペンを適用いただくことができます。

サーバーモデル

デジタルペン用のアプリケーションをサーバーにインストールするモデルです。筆跡を取り込んだPC以外で処理結果を確認することができます。

またクライアントに、スマートフォンやタブレットなど、デジタルペン用のアプリケーションをインストールできない端末を使用している場合にも適しています。

よくある質問

デジタルペンについて

Q. ペンの電源は何ですか?

A. 電池式のペンと充電式のペンがあります。充電式のペンはUSBケーブルを接続して充電します。

Q. 防水機能はありますか?

A. ありません。携帯電話やデジタルカメラと同様、水濡れや落下等は誤作動・故障の原因となりますのでご注意ください。

Q. ペンの正しい持ち方はありますか?

A. ペン先のカメラが用紙上のドットパターンを正しく撮影できるように持つ必要があります。安定した平らな場所に紙を置き、カメラが下になるようにして、45〜90度の角度でペン先を隠さないように持ってください。

デジタルペンが取得するデータについて

Q. デジタルペンはどのようなデータを取得しますか?

A. ペン先が通った軌跡の座標と筆圧を、およそ1/75秒ごとに取得します。またペンの種類によっては、各座標にペン内時計を基にした記入時刻が付けられます。

Q. データはどのような形式で取り込まれますか?

A. ペン内に蓄えられたデータは、アノト社独自フォーマットのファイルとして端末に取り込まれます。また、リアルタイムに送信されたデータは、イベントとしてデジタルペン用のアプリケーションに受け渡されます。

Q. 筆跡をテキストに変換することはできますか?

A. デジタルペン自身に文字認識機能は持っていませんが、市販の文字認識エンジンを組み込むことでテキスト化することができます。

セキュリティについて

Q. ペンデータを第三者に盗み見られることはありませんか?

A. ペンデータはアノト社独自フォーマットで記録されているため、ペン内のデータを直接解読することはできません。また、暗号機能付のペンを使用することもできます。

Q. ペンデータを第三者に抜き取られることはありませんか?

A. パスワード機能付のペンを使用することで、パスワードを知らない第三者にデータを抜き取られることを防ぐことができます。

Q. USBに接続して大丈夫ですか?

A. デジタルペンをUSBメモリのように使用することはできないため、ウィルスが混入することや、端末のデータをデジタルペンにコピーして持ち出されることはありません。

デジタルペン対応用紙について

Q. どんな紙が使用できますか?

A. 一般に市販されているコピー用紙などが使用できます。ただし、薄すぎる紙や不純物が多い紙、ドットパターンとのコントラストが保てない色の紙は避けてください。

Q. 複写帳票は作れますか?

A. ノーカーボン紙の使用は可能ですが、上用紙・中用紙裏面(発色剤塗布面)に記入することは避けてください。また、裏カーボン複写用紙は使用できません。

なお、複写帳票の場合は上用紙の紙厚が薄くなるため、「裏写り」や「透き通し」がペンの読み取りに影響する場合があります。詳しくはご相談ください。

Q. 耐水性はありますか?

A. 耐水性を持たせるためには、専用の紙を使う必要があります。詳しくはご相談ください。

Q. 折り加工や穴を開けることはできますか?

A. 可能です。ただし、折り目や穴の付近はドットパターンを正しく認識できない場合があります。そのため、折り目や穴の付近をデジタルペンの認識領域からはずすようにデザインしてください。

 

リンク

アノト株式会社

http://www.anoto.co.jp

Anoto Group AB

http://www.anoto.com

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

導入事例

関連ソリューション

  • DNP文書管理ソリューション

    企業の社会的責任が重視されるなか、DNPは書類・媒体管理の内部統制強化を実現するソリューションを提供します。コストを抑えて効果を上げながら「書類の効率的なデータ化」と「ID管理による検索性向上」を実現する、(1) タブレット・デジタルペン、 (2) スキャナー、 (3) ICタグの、3つの製品・サービスをご紹介します。お客さまのご要望にあわせて製品やサービスを組み合わせることで、より最適な文書管理システムを提供します。