ENGLISH

DNP TOP

ソリューション

最先端のホログラム技術

DNPホログラム

DNPは40年にわたりホログラムを開発してきたパイオニアで、多くの企業、ブランドに採用されています。リップマンホログラムとエンボスホログラムの2種類のホログラムを製造できる国内唯一のメーカーです。

課題・機能 :
印刷・プリント販売促進
製品・サービス :
ホログラム

ホログラムとは

ホログラムとは、レーザーを使って記録した立体画像のことです。
より厳密には、レーザーを使って物体から反射した光の波形(干渉縞)を感光材に記録し、立体画像として再生する技術のことをホログラフィといい、ホログラムとはこの技術を応用した製品のことです。
DNPホログラムは、商品券・ギフト券・クレジットカードの各種金券及び輸出用サプライ品等の偽造防止用途から雑誌・書籍の表紙、パッケージ、プレミアム品の意匠用途まで幅広く利用されており、いずれの用途も世界的に高い評価を受けています。

特徴

セキュリティ効果

ホログラムの製造には、専用の材料とレーザー等を使用した撮影装置・精密加工装置・量産複製装置が必要な為、製造可能なメーカーが限定されます。
また、ホログラムの画像を量産レベルで高品質に維持するためには高い技術を要します。

アイキャッチ効果

ホログラムには他の印刷物とは異なった独特の立体感・光沢感があります。そのホログラムの高いアイキャッチ効果により、他の手法で作製された類似品との差別化に効果的です。

制作手順

1.デザイン・企画

どのようなデザインタイプのホログラムにするか決定します。見た目の効果、偽造防止効果、費用等、お客様のご要望に応じ対応します。

2.原稿作製

目的のデザインタイプに応じ、版下、立体模型、デジタルデータなどを作製します。

3.ホログラム原版作製

レーザーによる撮影や、EB(電子線)描画により、ホログラム原版を作製します。

4.校正出し

ホログラム原版から複製した校正見本をお出しします。実際と同様なホログラム効果が確認できますので、これにより校了を頂きます。

5.製造

原版からホログラムを複製します。

6.後加工〜検査

ラベルや転写箔など、ご要望に応じた形態に加工します。

7.納品                                                                                               

製作期間

ホログラム原版作製期間(デザイン・企画⇒原稿作製⇒原版作製⇒校正出し):約4〜6週間

ホログラム量産期間(製造⇒後加工・検査⇒納品):約4〜6週間

導入事例

関連ソリューション

  • 上下左右の立体感が表現できる次世代型ホログラム

    リップマンホログラム

    リップマンホログラムとは、フィルム上に特殊なフォトポリマー層を塗布し、物体から反射させた光の干渉縞を、材料内部の密度を変化させることによって記録したハイセキュリティなホログラムです。リップマンホログラムは卓越した立体感を持つ画像表現ができ、その製造には高度な複製技術を要するため、量産可能なメーカーは世界でも限られています。

  • レインボーに色彩変化するホログラム

    エンボスホログラム

    エンボスホログラムは、見る角度により、色彩がレインボーに変化し、左右方向の立体感を表現できます。ホログラムの光学的な干渉縞をフィルム表面に微細な凹凸として記録することで作製します。比較的低コストで大量生産に優れています。

  • パスポートの偽造を防止する

    パスポート用セキュリティホログラム

    パスポートは世界共通の身分証明書として、高いセキュリティ性が求められています。そのため、個人情報などが記載された券面全体にホログラムを転写し、偽造防止が図られています。

  • 模倣品による被害を防止する

    ブランドプロテクションホログラム

    偽造されにくいホログラムを製品に取り入れることは、模倣品対策として有効な物理的手段です。DNPのホログラムは国内外の多くのブランド(自動車部品、電子部品、バッテリー製品、医薬品、プリンターサプライ品など)に採用されています。消費者が誤って模倣品を手にすることを防ぐためだけでなく、税関での真贋判定にも役立ちます。

  • 金券/チケットの偽造・コピー防止に

    金券/チケット用セキュリティホログラム

    商品券、チケットなどの金券は、その価値から、偽造の対象になりやすい製品です。DNPのホログラムはこうした金券の偽造対策の一要素として活用されています。