1. ホーム
  2. 健康保険のしおり
  3. 病気やケガをしたとき
  4. 海外で医療を受けたとき

海外で医療を受けたとき

イラスト

海外に一時的に滞在しているとき(旅行中や出張中等)に病気やケガをした場合、健康保険で受診できますが、海外には日本の保険医がいませんので、いったん海外の医療機関に医療費を立て替え払いしたのちにそれを証明する書類(医療機関の診療内容明細書、領収明細書、パスポート等海外渡航の事実が確認できる書類の写し、海外の医療機関等に照会を行うことの同意書など)を健康保険組合に提出して、療養費扱いとして払い戻してもらうことになります。

海外療養費の不正請求事案が複数明らかになっているため海外療養費の支給申請に対する審査を強化しています。

詳細は「海外療養費の不正請求対策等について」を参照願います。

このページの先頭へ