デザイン

世界へ。そして未来へ。暮らしをデザインし、発信するDNP

「Time Printing」(左):江戸小紋にみられる日本の伝統的な色彩と文様を再構築したデザインMiDCiDを時間軸を元に空間にプリントした。

「Patterns of Nature」(右):電子ペーパー特有の柔軟性、経時変化を許容するプログラム性、自発光とは異なる質感を活かし、自然界に多様に現れるパターンのエッセンスを展示空間に凝縮した。

未来のためのデータ遺産を創る。

DNPはクリエイティブパートナー達と共に、ミラノデザインウィーク2019に初出展を果たしました。今回、発表したインスタレーションのコンセプトは「Patterns as Time」。失われつつある、地球上の生物や資源、日本の伝統などを未来へと繋ぐため、膨大な情報をデータとして残していくDNPの取り組みをアートワークによって表現しました。

世界へ“新しい価値”を発信する

気鋭のクリエイターのコンセプトを具現化するため、DNPのイノベーティブデザインチームが多様な印刷情報技術を駆使。社会のニーズに応え、“新しい価値”をもたらすデザイン製品を提供し続けるDNPの姿勢を世界に向けて発信しつづけています。

ミラノデザインウィーク2019 “Patterns as Time” ミラノデザインウィーク2019 “Patterns as Time”

「デザインテクノロジー」を支える匠=サーフィスデザイナーの存在

わずか数ミクロンのシートの中に、自然素材が持つ豊かな色彩と奥行きや光による表情の変化を生み出す。それが「サーフィスデザイン」の仕事です。
DNPの強みは、世界でも数少ないこの分野のデザイナーがインハウスに存在することです。

ページトップへ