ブックタイトルEB-F

ページ
73/88

このページは EB-F の電子ブックに掲載されている73ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

EB-F

※本商品は印刷物ですので、ここに例示されている樹種(材料)を実際に用いた製品ではありません。 ※樹種名は建築・建材業界で一般に使われている用語を参考にしていますので、学術的な木の名称とは異なる場合があります。樹 種樹種の特徴品 番アカシア古代エジプトの頃より家具や工具用として日常的に用いられた。木目は心材と辺材ではっきりとした色の差があり、自然感あふれる表現が特徴。最近はテーブルウェアからフローリングまで様々な用途に使われている。成長が早いので植林に適し、生産地における環境負荷は天然林に比べ低い。EBFW-1170アッシュ主に北米に分布しており、心材は淡黄褐色で豊かな色調と縮杢(チヂミモク)が特徴。時に濃淡のはっきりとした縞模様が出ることがある。家具をはじめ椅子や壁材など内装材に使われるほか、粘りがあるため野球のバットにも使われている。EBFW-1107・EBFW-1138・EBFW-1153アメリカンチェリー北中米一帯に広く分布しており、赤褐色の色調が使い込むほど美しい飴色になり高級感が増す。塗装による仕上がりの良さから、家具をはじめ楽器、工芸品まで広く使われている。EBFW-1146エルム(ニレ)北半球の暖帯から温帯に幅広く分布しており、淡灰褐色の優しい色調が特徴。国産のニレと同じ科である。壁面など建材としても幅広く使われており、強靭な材質である為に船舶、車輌内装材にも使われている。EBFW-1108・EBFW-1177・EBFW-1178EBFW-1179オーク欧米で幅広く分布しており、ウィスキーの樽材としても古くから使われている。通りの良い柾目が特徴で、生地仕上げやチョークド仕上げ、ペイント仕上げ、チャコール(墨色)など幅広い塗装表現により欧州家具のトレンドとして注目されている。EBFW-1117・EBFW-1118・EBFW-1130EBFW-1131・EBFW-1135・EBFW-1137EBFW-1158・EBFW-1161・EBFW-1162EBFW-1163・EBFW-1166・EBFW-1167EBFW-1168・EBFW-1169・EBFW-1176クルミ主に東アジアに分布しており、その中でも北海道産が優良材とされている。北半球に広く分布するウォールナットと同種である。明るく柔らかい色調と味わい深い木味が特徴で、塗装もし易く、仕上がりの美しさを活かした家具や建具造作材に使われている。EBFW-1101・EBFW-2026紫檀紫檀は東南アジアに分布しており、唐木三大銘木のひとつ。古くから工芸材料として珍重され、正倉院宝物の唐木細工などに多く見られる。色調はかなり変化に富み、濃紫ないし黒紫の縞が特徴で、虫や菌に侵されにくく、耐朽性は極めて優れている。EBFW-1152チーク東南アジア一帯に幅広く分布しており、輝くような黄褐色の色調と独特の脂状の質感が特徴。世界の最高級材のひとつで、高級家具をはじめ水湿や耐久性にも優れているため、船の甲板用材やフローリングまで幅広く使われている。EBFW-1083・EBFW-1150チェスナット(クリ)日本全国に広く分布している環孔材で、灰白色の明るい色調が特徴。磨くと美しい木肌と力強い導管が強調される。耐久性があり、家具や食器などインテリア素材として使用され、秋には栗の実をつけることでも有名。EBFW-1139・EBFW-1184・EBFW-1185ヒッコリー主に北米東部に分布し、北米クルミとも呼ばれ、淡褐色で年輪が明瞭で硬く強靭なのが特長。その強靭さから古くはゴルフクラブのシャフトに使用されていた。EBFW-1180・EBFW-1181・EBFW-1182EBFW-1183ブラックウォールナット主に北米に分布しており、暗紫褐色の重厚な色調と使い込むほど味わいが増す落ち着いた木味が特徴。高級家具に好んで使われ、塗装ののりも良いため、楽器や銃床など多種多様な用途に使われている。EBFW-1105・EBFW-1106・EBFW-1120EBFW-1126・EBFW-1127・EBFW-1133EBFW-1143・EBFW-1159・EBFW-1160EBFW-1165・EBFW-1172・EBFW-1173EBFW-1174・EBFW-1186・EBFW-1187EBFW-1188メイプル欧米に幅広く分布しており、淡黄白色の明るい色調で、塗装ののりも良い為クリアからステイン着色まで幅広い表現が可能。非常に硬質であり、スポーツ施設の床をはじめ、家具や楽器など幅広く使われている。国産のイタヤカエデと同じ科。EBFW-1140・EBFW-1164ヨーロピアンウォールナットイタリアで産出されるウォールナットはイタリア語でノーチェと呼ばれている。明るく柔らかい木味と独特の色変化が古くから重宝されており、特有の抑揚変化を活かした使い方が欧州家具や建具造作材で人気を集めている。EBFW-1027・EBFW-1048・EBFW-1129EBFW-1141・EBFW-1189・EBFW-1190ローズウッド中南米の熱帯から亜熱帯に広く分布しており、心材は赤紫褐色から暗褐色で黒色に近い縞を有する。材は重厚で磨くと美しい光沢を発するので高級家具や唐木細工、楽器など幅広く用いられている。かすかなバラの花のような香りを発するため、ローズウッドと呼ばれている。EBFW-1030・EBFW-1175赤字の品番は2016年発表の新柄です。72樹種説明INDEX