ブックタイトルEB-F

ページ
80/88

このページは EB-F の電子ブックに掲載されている80ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

EB-F

※オレフィン:正式名称はポリオレフィン。ポリプロピレン(PP)・ポリエチレン(PE)など、炭素(C)と水素(H)のみで構成され、燃やすと水(H2O) と二酸化炭素(CO2)などになる樹脂の総称です。燃焼時に塩化水素ガスやダイオキシンがほとんど発生しません。※上記試験結果は、弊社評価試験データであり、製品の性能保証値ではありません。カラーフロアーお手入れ簡単 〈暮らしのワックスは不要です〉擦り傷に強い 汚れがふき取りやすい 日焼けで変色しにくい暮らしを想う人・地球を想うホルムアルデヒドクロルピリホストルエンテトラデカンキシレンパラジクロロベンゼンフタル酸ジ-2-エチルヘキシルエチルベンゼンダイアジノンスチレンアセトアルデヒドフタル酸ジ-n-ブチルフェノブカルブシックハウス対策・省エネルギー・CO2削減シックハウス症候群の原因とされる化学物質のホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど(厚生労働省の指針対象物13VOC)を使用しておりません。また、「建材からのVOC放散速度基準化研究会」制定の「建材からのVOC放射速度基準」(2008/4/1)に適合しております。EB(電子線)コーティングは当社生産段階で高いエネルギーを効率よく利用し、省エネルギーやCO2排出量削減を実現します。■厚生労働省指針対象物質13VOC(揮発性有機物質)EB(電子線)照射により形成された架橋密度の高い強靭な塗膜が、擦り傷・汚れ・日光に強い表面性能を実現しました。ウレタン(熱硬化型)やUV(紫外線硬化型)コーティングでは困難な実用性・品質安定性を有しています。また、製造工程での省エネルギー化やCO2削減、無溶剤塗工が可能な安全で環境負荷の少ない、クリーンなコーティング技術です。手で触れ、素足で歩く。常に人と接するからこそ、その表面には気を使いたい。人にやさしく、未来まで美しく。DNP独自の技術「EBテクノロジー」で、空間に新しい価値をつくりだします。EB硬化イメージコーティング樹脂(液体)にEB(電子線)を照射することで、分子が架橋。一瞬で強靭な塗膜(固体)が得られます。「EB(イービー)」=「Electron Beam(電子線)」は、電子の流れのことです。* UV(紫外線)の約1000 倍のエネルギーがあります。耐候性試験スーパーUVテスターにて100時間照射耐アンモニア試験溝部に18%アンモニア滴下後、24時間放置ホフマンスクラッチ試験ホフマンスクラッチ試験機にて所定荷重で引っ掻き耐汚染試験:JAS合板汚染A試験準拠(青インキ・赤クレヨン・黒マジックを塗布し4時間放置後中性洗剤もしくはアルコールにて拭き取り)耐スチールウール試験スチールウールで10往復ラビング(1000g荷重・#0000)強靭な塗膜で、擦り傷、汚れ、日光に強いEBコーティング層導管・木肌の凹凸感を創出する透明エンボス・オレフィンフィルム樹種デザインを表現する木目柄印刷層着色ベース・オレフィンフィルムEBとは?EB-FはISO9001・14001の認証登録を受けた工場で製造しています。300g400g500g600g700g800g900g1000g300g400g500g600g700g800g900g1000g青インキ青インキ試験前試験前試験後試験後赤クレヨン赤クレヨン黒マジック黒マジック照射前照射後79E B テクノロジー