ブックタイトルアルテレリーフ

ページ
6/6

このページは アルテレリーフ の電子ブックに掲載されている1ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

アルテレリーフ

ブックを読む

HTML5版でブックを開く

概要

16.12.00 ・蒸気や水分が直接かかるような部位、熱がこもる部位などへの使用は適しません。 ・高温高湿、直射日光が当る場所に保管あるいは使用しないでください。 使用部位に関する留意点 商品は、保管時や使用時の温度や湿度によっては、変色、変形、反り等の不具合を発生する場合があります。 下記の様な保管、使用は避けて下さい。 ①高温低温、多湿等異常な環境下での保管、及び使用  ②直射日光に暴露されるような保管、及び使用  ③屋外、半戸外での使用 ・尚、商品の保証期間は、原則として製品納入後、3ケ月間とさせて頂いております。 ・また、保証範囲は化粧板であり、後加工に起因する不具合、後加工後・施工後の ソリ不具合に関しては、免責とさせて頂いております。 ・改良のため予告なく、仕様、アイテム等を変更する場合がありますので、予めご了承ください。 商品の取り扱い及び保証について 表面性能データ 補修・メンテナンス方法 ※1 上記の結果は、表面化粧シートの弊社評価試験データであり、製品の性能保証値ではありません。 ※2 上記の結果は、表面化粧シートの弊社試験結果の代表的なものを標記しております。仕様、配色、柄、テクスチャー等の違いによって、データが異なることがあります。 ※3 本見本帳の化粧板に使用する化粧シート「WSサフマーレ」は、オレフィンをベースに、ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンなど厚生労働省の指針物質(13VOC)を使用しておりません。 ※端部周辺10mmは有効寸法外とする。 2016年12月現在 有効寸法 ※1 補修部分の性能は、シート本来の性能と異なりますので、予めご了承願います。 ※2 『タッチアップマーカー』、『パッチャルペンシル』、『ハードワックス』、『エコスター』は、株式会社ハウスボックスの商品です。詳細はこちらまでお問合せ下さい。(TEL:03-3737-1421 URL:http://www.house-box.co.jp/) ※3 また、補修作業に関してご不明な点がございましたら、専門の補修業者である株式会社バーンリペア(TEL:03-5227-1301/06-6990-1361 URL:http://www.burn-repair.co.jp/)、    株式会社キャンディルテクト(TEL:03-5623-6850 URL:http://www.leyon.com/)などにお問合せ下さい。 試験項目 920   2135 920   2445 化粧板寸法(mm) 幅(±5)×長さ(±5) 2.5mm×3尺×7尺 2.5mm×3尺×8尺 呼び寸法 厚×幅×長さ 900   2110 900   2400 有効寸法(mm) 幅 × 長さ 試験方法試験結果 耐摩耗性 耐擦傷性 耐汚染性 耐薬品性 耐溶剤性 耐候性 耐ヒートサイクル性 耐水性 耐熱水性 耐熱性 エンボス堅牢度 規 格 JAS合板規格 自主規格 JAS合板規格 自主規格 自主規格 自主規格 JAS合板規格 JAS合板規格 自主規格 自主規格 自主規格 摩耗C試験準拠  軟質摩耗論:CS-17  総荷重:1000g 摩耗終点に達したときの回転数を読み取り、摩耗値を算出する。 スチールウールラビング試験  荷重:1500g  20往復回(#0000) 汚染A試験準拠 事務用青色インク、黒色マジック、赤色クレヨンでそれぞれ線を引く。4時間放置後、溶剤又は洗剤を含ませた布で拭取る。 下記汚染物質を滴下、2時間放置後、綺麗に拭取る。 1%HCl水溶液、2%NaOH水溶液、石油ベンジン 下記溶剤にてラビング試験  荷重:1500g  50往復回 エタノール、石油ベンジン、ラッカーシンナー、酢酸エチル、トルエン サンシャインカーボンアーク・ウェザーメーターで2000時間連続試験 寒熱繰返しC試験準拠 60±3℃×2時間放置⇔-20±3℃×2時間放置の工程を2回繰返し室温に達するまで放置する。 耐水B試験準拠 60±3℃の温水中に1時間浸せき後、60±3℃の恒温器中で2時間乾燥する工程を2回繰返し、室温に達するまで放置する。 沸騰水中に1分間浸せき後、風乾する。 60℃±5℃のギアオーブン中で48時間放置試験 100℃±5℃のグリセリン中に30秒浸せき試験 汚れ関係 傷 関係 泥・ホコリ・調味料など 油性の汚れ(マジックインキ・クレヨンなど) 接着剤・塗料 艶変化・艶ムラ 白化 擦り傷・ささくれ 釘穴・へこみ・引っかき傷 ぬれ雑巾または中性洗剤で軽く拭取って下さい。 中性洗剤、エタノールなどのアルコール類または石油ベンジンで軽く拭取って下さい。 汚れが広がらないよう、すぐに中性洗剤、エタノールなどのアルコール類または石油ベンジンで軽く拭取って下さい。艶ムラなどが生じた場合は、艶調整用スプレー(エ コスターなど)を補修箇所周囲によく馴染むように塗布して下さい。 堅いもので強く擦ったり、誤って熱湯をかけた場合などに生じた艶変化・艶ムラは、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修箇所周囲によく馴染むように塗布して下さい。 白化した部分に、同色のタッチアップマーカー(商品名)を塗った後、指などで軽くぼかし、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修個所周囲によく馴染むように塗布して下さい。 ささくれ立った箇所をサンドペーパー(#400等)またはカッターナイフで取り除き、白化した部分に同色のタッチアップマーカーを塗った後、指などで軽くぼかし、艶調 整用スプレー(エコスターなど)を補修個所周囲によく馴染むように塗布して下さい。 釘穴やドライバー等を落として出来た穴や鋭利なもので削れた傷は、ささくれ立った箇所や基材のバリをサンドペーパー(#400等)またはカッターナイフで取り除き、同 色のパッチャルペンシルまたはハードワックスを埋め込み、ヘラ等で形を整形し、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修箇所周囲によく馴染むように塗布して下さい。 摩耗値:200以上 著しい変化無し 著 しい汚染無し 著しい変化無し 著しい変化(艶変化)無し 著しい外観変化無し 著しい変化無し 著しい変化無し 著しい変化無し 著しい変化無し エンボス消失無し 化粧板性能データ ※上記の結果は、本化粧板の弊社評価試験データであり、商品の性能保証値ではありません。 試験項目試験方法試験結果 ピーリング試験(表) 寒熱繰返し試験 浸漬剥離試験 平面引張試験(裏) ホルムアルデヒド放散量 常態ピーリング/180度剥離 JAS合板規格/寒熱繰返しC試験準拠 35±3℃の温水中に2時間浸漬した後60±3℃で 3時間乾燥する(旧JAS3類浸漬はくり試験) JAS合板規格/平面引っ張り試験準拠 JAS合板規格/ホルムアルデヒド放散量試験準拠 20N/25mm以上 外観変化軽微 剥離しない部分の長さがそれぞれの側面で 50mm以上 0.4N/mm2以上 平均値0.3mg/L以下 最大値0.4mg/L以下 基本的には、下記補修方法で、問題ありませんが、本化粧板は複雑な凹凸を施していますので、シート重ね貼りは避けてください。また、表面処理の性質上、密着強度が得られ難いため、再塗装する場合は、サンドペー パー(♯400)で十分に研磨し、密着材を塗布するなど十分な下地処理をお奨めします。また、表面の意匠表現や凹凸表現の豊かなものが幾つかあり、下記の一般的な補修では対応が難しい場合がございます。 東京営業 〒141-8001 東京都品川区西五反田3-5-20 TEL 03-6431-3275 FAX 03-6431-3277 名古屋営業 〒463-8550 愛知県名古屋市守山区瀬古3-201 TEL 052-797-6331 FAX 052-797-6388 大阪営業 〒550-8508 大阪府大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル TEL 06-6110-4175 FAX 06-6110-4159 福岡営業 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神4-2-20 天神幸ビル TEL 092-713-0412 FAX 092-711-0900 大川営業 〒831-0028 福岡県大川市大字郷原576-1 TEL 0944-87-6580 FAX 0944-87-2838 http://www.dnp.co.jp/lifestyle/