ブックタイトルWSフネン-L

ページ
6/6

このページは WSフネン-L の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

WSフネン-L

http://www.dnp.co.jp/lifestyle/ 15.05.01住空間マテリアル事業部HPWSフネン-L、WSサフマーレほか、EB技術を用いた鏡面化粧材や床材、WS化粧鋼板など住空間トータルにご利用いただけるDNPオリジナル製品をご紹介しています。性能データ及び留意点性能データ製品に関する注意点※本データは試験結果であり、保証値ではございませんメンテナンス*1 補修部分の性能は、シート本来の性能と異なりますので、予めご了承願います。  *2 表面の意匠表現や凹凸表現の豊かなものが幾つかあり、上記の一般的な補修方法では対応が難しい場合がございます。*3 『タッチアップマーカー』、『パッチャルペンシル』、『ハードワックス』、『エコスター』は、株式会社ハウスボックスの商品です。詳細はこちらまでお問合せ下さい。(TEL:03-3737-1421 URL:http://www.house-box.co.jp/)*4 また、補修作業に関してご不明な点がございましたら、専門の補修業者である株式会社バーンリペア(TEL:0120-75-1301 URL:http://www.burn-repair.co.jp/)などにお問合せ下さい。*見本帳の記載内容は2015年2月現在のものです。製品改良のため、予告なく変更することがあります。ご了承ください。試験項目試験結果WSフネン-L WSサフマーレボード表面硬度(鉛筆硬度)常態ピーリング試験JAS平面引張り試験浸漬剥離試験JAS寒熱繰り返しB試験JAS耐水B試験JAS摩耗A試験JAS衝撃B試験JAS退色試験JAS汚染B試験JASホルムアルデヒド放散量三菱ユニ鉛筆使用(750g荷重)表面塗膜の破れない鉛筆硬度表面180度剥離試験試験片中央に1辺20mm正方形状の接着面を有する金属盤をシアノアクリレート系接着剤にて接着し、周囲に台板基材に達する深さの切り傷をつけた後、接着面と直角の方向に毎分5880N以下の荷重速度で引張り、剥離時又は破壊時における最大荷重を測定する試験片を35℃±3℃の水中に2時間浸漬後、60℃±3℃で3時間乾燥する80℃±3℃の恒温器中に2時間放置した後、-20℃±3℃の恒温器中に2時間放置する工程を2回繰り返す試験片の裏面と裏面を接着剤で貼り合わせ、側面を被覆したものを60℃±3℃温水中に1時間浸漬した後、60℃±3℃で2時間乾燥する工程を2回繰り返す摩耗紙をゴム製円板2個取り付けて試験を行い、試験片の質量を測定する。試験片面に加わる総重量500g曲率半径25.4mmの質量100gの落下重すいを落差30mmで試験片の1箇所に繰返して50回落下させる退色水銀灯48時間さらした後、暗室中に72時間放置する試験片表面に黒色油性インキ及び赤色クレヨンでそれぞれの幅10mmの線を引き2時間放置後溶剤又は洗剤を含ませた布でふき取るデシケーター法による 平均 0.3mg/L以下        最大値 0.4mg/L以下汚れ関係傷関係泥・ホコリ・調味料など油性の汚れ(マジックインキ・クレヨンなど)接着剤・塗料艶変化・艶ムラ白化擦り傷・ささくれ釘穴・へこみ・引っかき傷ぬれ雑巾または中性洗剤で軽く拭取って下さい。中性洗剤、エタノールなどのアルコール類または石油ベンジンで軽く拭取って下さい。汚れが広がらないよう、すぐに中性洗剤、エタノールなどのアルコール類または石油ベンジンで軽く拭取って下さい。艶ムラなどが生じた場合は、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修箇所周囲によく馴染むように塗布して下さい。堅いもので強く擦ったり、誤って熱湯をかけた場合などに生じた艶変化・艶ムラは、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修箇所周囲によく馴染むように塗布して下さい。白化した部分に、同色のタッチアップマーカー(商品名)を塗った後、指などで軽くぼかし、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修個所周囲によく馴染むように塗布して下さい。ささくれ立った箇所をサンドペーパー(#400等)またはカッターナイフで取り除き、白化した部分に同色のタッチアップマーカーを塗った後、指などで軽くぼかし、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修個所周囲によく馴染むように塗布して下さい。釘穴やドライバー等を落として出来た穴や鋭利なもので削れた傷は、ささくれ立った箇所や基材のバリをサンドペーパー(#400等)またはカッターナイフで取り除き、同色のパッチャルペンシルまたはハードワックスを埋め込み、ヘラ等で形を整形し、艶調整用スプレー(エコスターなど)を補修箇所周囲によく馴染むように塗布して下さい。3B25N/25.4mm幅0.48剥離なし表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつや変化なし表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつや変化なし表面摩耗値が200回以上かつ摩耗量が0.05g以下表面に割れ、はがれなし表面に変色および艶変化なし         汚染軽微合格3B23N/25.4mm幅0.45剥離なし表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつや変化なし表面に割れ、ふくれ、はがれ並びに著しい変色及びつや変化なし表面摩耗値が200回以上かつ摩耗量が0.05g以下表面に割れ、はがれなし表面に変色および艶変化なし         汚染軽微合格用途取り扱い、輸送保管加工時廃棄その他・屋内用扉面材用の製品です。その他の用途に関しては、使用条件等に問題ないかご確認の上、弊社までお問合せ下さい。・製品のワレ、へこみの原因となりますので、製品に強い衝撃がかからないように輸送、取り扱いして下さい。・切削片や木片の化粧板への付着は、ヘコミや傷の原因となりますので、付着しないように取り扱い願います。・地面やコンクリート床面へのじか置きは避け、パレット等のうえに平積みで保管して下さい。(反り防止のため必ず平積みでお願いします。)立て掛けでの保管はお止め下さい。・平積みの上にものを置いたり、踏んだりしないで下さい。・雨水等水分がかかる場所や直射日光、高温多湿の場所を避け、チリやゴミが付着しないようにご注意下さい。・フラッシュ加工に使用される接着剤の種類により、接着性能が変わる場合があります。必ず貼りあわせ条件をご確認の上、ご使用をお願いします。・接着剤のふき取り仕上げにはアルコール類または石油ベンジンを使用し、軽くふき取って下さい。・切断、穴あけ等の加工については通常の木工機械で加工可能ですが、事前にご確認の上、ご使用願います。・WSフネン-Lにてフラッシュ加工を高周波ウェルダーでおこなう際は、ダイライト基材の表面にアルミ紙があるため加工条件を調整する必要があります。加工機メーカーには、この調整のノウハウがありますので、お問合せ願います。・端材、廃材等の廃棄については法令に従い、処理業者に依頼して下さい。・WSフネン-Lの廃材(切り粉等)については、基材の主成分が鉱物系繊維であることから、木質廃材とは分離して頂くことを推奨します。・物を強く当てたり、鋭利な物を押し付けると製品に凹みを生じる場合がありますのでご注意願います。・エタノールなどのアルコール類・石油ベンジン以外の有機溶剤で拭かないで下さい。・熱により、化粧板表面シートに膨れが生じる場合がありますので、投光器、仮設電球、ドライヤー、暖房機等の熱源には近づけないよう注意して下さい。試験方法2015年2月現在