パッケージ

概要:ラミネーション・蒸着・プラスチック成形・多層製膜・無菌化技術など、広い包装関連の基盤技術分野を研究し、これらを駆使した新しい包装材料・メディカルヘルスケア製品の開発を行っています。具体的には、包装の主要機能である内容物の保護機能を高めるためのガスバリア性の向上や耐内容物性の付与という機能性アップから、包装材料の減量化、バイオマスプラスチックの利用といった環境問題への対応 など様々です。

食品包装、日用品に用いられるプラスチック容器・包装は、石油資源依存の高い製品です。石油資源の枯渇、炭酸ガス排出による地球温暖化の危機が叫ばれている今日、持続可能な資源を用いた製品への切り替えが求められています。当社では、バイオマスプラスチック(バイオマスポリエチレン・バイオマスPET及び生分解性を有するポリ乳酸等)を包装材料に適用するための研究を行っており、色々な製品を市場に投入しています。バイオマスポリエチレンは、シャンプー・リンス等の詰め替えパウチ等に、バイオマスPETでは、レトルトを含めた各種食品の袋や肥料等の非食品の袋、並びにPETボトル等に採用されています。さらに、透明蒸着(バイオマスIB-PET)などのフィルムも開発し、製品ラインアップを拡充しています。また、その素材がバイオマスであることを証明する「バイオマスマーク」の認定承認も受けており、これら製品の一部に表示されています。DNPは今後も持続可能な社会の構築に貢献すべく、バイオマス包材の研究を続けて参ります。

関連ニュースリリース:
http://www.dnp.co.jp/news/1189546_2482.html新規ウィンドウが開きます
http://www.dnp.co.jp/news/10000574_2482.html新規ウィンドウが開きます
http://www.dnp.co.jp/news/10008396_2482.html新規ウィンドウが開きます
http://www.dnp.co.jp/news/10103393_2482.html新規ウィンドウが開きます
http://www.dnp.co.jp/news/10103302_2482.html新規ウィンドウが開きます
http://www.dnp.co.jp/news/10101198_2482.html新規ウィンドウが開きます
http://www.dnp.co.jp/news/10099359_2482.html新規ウィンドウが開きます

 

透明蒸着フィルム「IB film®

 

DNPは世界に先駆けてプラズマ化学気相成長法(PE-CVD)を利用した無機透明バリアフィルム「IB-Film」の商業化に成功しました。PE-CVD法は気相状態でシロキサン系有機−金属化合物をプラズマ分解し、ポリエステル等のプラスチックフィルム表層で特殊酸化珪素膜をプラズマ再重合させる全く新しい無機膜の製膜方法であり、従来の物理蒸着法に比べて化学反応を利用している点が大きく異なります。無機膜でありながら折っても曲げてもそのバリア性を損なわないのは、高度に最適化された有機−無機系膜質とプラズマ化学反応で生成する共有結合力が層間に存在するためです。物理蒸着法では追随できないこの特徴を生かし、包装材料のバリア性向上や減量化などの環境対応に展開しています。

関連ニュースリリース:
http://www.dnp.co.jp/news/1189545_2482.html新規ウィンドウが開きます
http://www.dnp.co.jp/news/1189544_2482.html新規ウィンドウが開きます

 

最新のレトルトパウチ

 

レトルト食品の種類が多様化する中で、その包装材料であるレトルトパウチに新たな機能性を付与した製品を開発しています。「強度アップ・低臭味レトルトパウチ」は、フィルムの厚みを薄くしても従来品と同じ強度を保ち減量化できるレトルトパウチで、さらにおかゆなどの薄味の食品向けに、レトルト処理時に出る包材からの臭味を減少させています。また、「電子レンジ用レトルトパウチ」は、電子レンジ加熱により発生する蒸気の熱と内圧で、自動的に蒸気口が開口して蒸気が放出されるレトルトパウチで、あらかじめパウチを開口することなく、そのまま電子レンジで加熱できるようにしたパウチです。また、レトルト食品の海外生産増加に対応し、海外展開も進めています。

関連ニュースリリース:
http://www.dnp.co.jp/news/1189470_2482.html新規ウィンドウが開きます

 

DNP低吸着包材

 

医薬品や化粧品、機能性食品の包装において、一般的な包装材料であるポリエチレンシーラントでは、保存中に特定有効成分が減少することがあります。また、一般食品においては香り成分が包装材に吸着され、臭味が劣化することがあります。そこでDNPでは、有効成分、香り成分が包装材に吸着されることを抑制するフィルムを開発しています。
DNP低吸着包材は、従来医薬品や化粧品用途で用いられてきたポリアクリロニトリル(PAN)フィルムやエチレンビニルアルコール共重合体(EVOH)フィルムといった低吸着包材に比べ、シール強度を2倍以上に引き上げることに成功しました。これまでは強度不足などから小型袋での使用がメインでしたが、これにより多種多様な用途・包装形態や、これまで実現できなかった内容量への対応も期待できることから、新市場への展開を図っていきます。

 
関連ニュースリリース:
http://www.dnp.co.jp/news/10108864_2482.html新規ウィンドウが開きます

包装容器の多様化が進む一方で、「使い勝手」はこれまで以上に生活者に求められる重要な要素となっています。触動作センサーは、ひずみ計と加速度計により、指腹にかかる力と指先の動きを同時に計測することができ、パッケージ開封時や製品使用時における指先の行動データを取得することが可能となります。DNPオリジナル解析ソフトによる評価結果を開発部門にフィードバックすることで、エビデンスに基づいたパッケージ開発を進めています。また、これらの取組みはDNP製品の開発に留まらず、クライアント製品のユーザビリティ評価やコンサルティングサービスにも展開しています。

関連ニュースリリース:
http://www.dnp.co.jp/news/10111333_2482.html新規ウィンドウが開きます

 
  • 研究所・開発部門