事業内容・商材紹介

事業内容

DNPメディア・アートは、印刷製版技術で培ったテクノロジーを軸に、
さまざまなイノベーションを提供します。
製造で培った技術・技能・ノウハウをベースに、
いろいろな製造発信のソリューションを企画・提案します。

プリプレス

  • ・DTP
    (DeskTop Publishing/デスクトップパブリッシング)
  • ・組版
  • ・XMLデータ

雑誌、書籍など、出版印刷物を中心に印刷の前工程であるプリプレス業務を行っております。

地区別編集が必要な「各種情報誌」・「TV 誌」や、表組を主とする「商品リスト」・「入試速報」などの従来のDTPでは難しかった大量頁・短納期の自動組版も得意とし、「得意先別文字ルール」や「組版処理中の可変判断」もケースごとに定義可能なため、作業工程の短縮や校正負荷を大幅に軽減することも可能になります。

また、XMLデータを活用しての「辞・事典」・「社史」などの制作も行っています。従来であれば、冊子&クロスメディア制作を行う場合には、組版後にクロスメディア用の情報に転用する運用が一般的なため、制作期間が長くコストが高くなりがちです。XML は構造化されたデータで、メディア情報の保有が出来るので、メディアごとの制作期間短縮も可能にしています。

プリプレス・組版

詳細はこちら

画像制作(撮影・編集)

  • ・フォトレタッチ
  • ・スキャニング
  • ・ディレクション
  • ・撮影
  • ・スタジオ

撮影・フォトレタッチ(画像編集)・スキャニングなど、画像に関わる多くの業務を行っています。

撮影チームは、モデル・商品・複写・アーカイブ・ロケなど、多様なジャンルに対応。地下搬入口と直結したスタジオや、1億100万画素の超高精細デジタルカメラをはじめ、ハイエンドの機材を多数保有しています。

70年以上の歴史を持つレタッチチームは、雑誌・書籍・広告・パッケージなどの画像を最高画質のフォトレタッチ技術をもって制作。インプットだけでなく、アウトプットのクオリティにもこだわりを持っています。

1960年代の製版スキャナー黎明期から続くスキャニングチームは、今や貴重なドラムスキャナーを複数保有。4K・8Kディスプレイこそ、スキャナーの性能が画質に直結します。フラットベッドスキャナーも複数保有しており、用途に応じて選択します。印刷物・アーカイブ・デジタルサイネージ・映像など、幅広い場面でご活用いただいています。

ディレクションチームには、画像制作の設計・手配・撮影立ち会いなどインプットのクオリティ管理を行うイメージングディレクターと、色調再現の設計・印刷立ち会いなどアウトプットのクオリティ管理を行うプリンティングディレクターが在籍。写真・画像・映像・CG・VRの相談窓口です。

画像処理色彩調整スキャニング

詳細はこちら
ReturnTotop