ニュースリリース

国内初 植物由来のバリアフィルム『バイオマテックIB-PET』を開発

包装材として他の植物由来フィルムと組み合わせ石油使用量とCO2排出量を最大50%削減

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、植物由来の原料を使用した包装材用の透明蒸着バリアフィルム*『バイオマテック®IB-PET』を開発しました。この新バリアフィルムは、DNPが開発済みの植物由来のポリエチレンフィルム『バイオマテック®PE』などと貼り合わせることで、水蒸気や酸素に対する優れたバリア性を備えた包装材に加工することができ、廃棄後の焼却時に発生するCO2排出量を最大50%削減します。量産開始は本年9月です。

【背景】

DNPは持続可能性・生物多様性に配慮した包装材の実用化を積極的に推進しています。その一環として、今年5月に植物由来の原料を使用したポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム『バイオマテック®PET』の量産を開始し、「2011日本パッケージングコンテスト」に入賞するなど高い評価を得ています。

今回、バイオマテックPETに水蒸気や酸素の透過を抑えるバリア機能を透明蒸着によって付与したバイオマテックIB-PETを開発しました。植物由来の透明蒸着バリアフィルムは国内で初めての開発事例であり、量産に向けて国内外の企業へサンプル出荷を始めています。

包装材の内面層に用いるポリエチレン(PE)フィルムについても、植物由来の原料を使用したバイオマテックPEを開発済みで、採用が決定しています。これにより軟包装の包装材を構成する主要なプラスチックフィルムについて植物由来フィルムのラインナップが揃い、高いバリア性が求められる食品や医薬品、工業製品などの包装材への利用が可能となります。

【バイオマテックシリーズの概要】

バイオマテックシリーズは、石油由来原料の一部を植物由来原料に置き換えることで石油使用量の削減を実現しながらも、石油由来フィルムと同等の物性と加工適性を有している製品です。本シリーズのフィルムを組み合わせて製造する包装材は、石油使用量を最大50%削減するとともに、焼却時のCO2排出量も最大50%削減します。一般的に植物由来フィルムは石油由来フィルムに比べて高価ですが、バイオマテックシリーズを用いた包装材は製造コストを2〜3割程度の上昇に抑えました。

  • バイオマテックPET : 包装材の最表面の印刷層に用いられるフィルム。原料の約30%を占めるエチレングリコールを石油由来からサトウキビ由来のバイオエタノールに置き換え、石油使用量を約30%削減しました。
  • バイオマテックIB-PET : 今回開発した新製品で、包装材の中間層に用いられる高いバリア性を備えたフィルム。DNP独自の透明蒸着技術を用いて表面に透明な薄膜(バリア層)を形成し、水蒸気や酸素による内容物の劣化を防ぎます。
  • バイオマテックPE : 包装材の内面層に用いられるフィルム。サトウキビ由来のPEを使用し、石油由来の製品に比べて石油の使用量を50〜60%程度削減しました。密封性や強度、風合いを高めるフィルムです。

【バイオマテックシリーズの主な用途】

食品、菓子、トイレタリー、医薬品、工業製品など幅広い分野の包装材向け

【今後の取り組み】

DNPは、食品や飲料、日用品のメーカーなどに提供しているに包装材を順次バイオマテックシリーズに切り替えていく予定です。また、海外メーカーの関心も高いため、海外市場への展開も積極的に推進していきます。将来的には、石油由来フィルムと同程度の価格となるようコストダウンの取り組みを継続するとともに、紙容器や成型品への展開を図り、バイオマテックシリーズの普及を促進していきます。

DNPは環境負荷の低減に多角的に取り組んでおり、製品のライフサイクル全体でのCO2排出量の把握に加えて、原料となるサトウキビの栽培による生態系などへの影響に関する研究「バイオマテックPETのLCA」を東京都市大学環境情報学部の伊坪徳宏准教授と共同で進めています。研究成果を、バイオマテックシリーズの製品開発に活用するとともに、生物多様性への影響を定量化するという活動にも積極的に取り組んでいきます。

DNPは、バイオマテックシリーズを利用した包装材で、2015年度に200億円の売上を見込んでいます。

 

* DNPの透明蒸着フィルムについて
DNPは1998年から、フィルム表面に独自の蒸着技術によって透明な蒸着層を形成することでバリア性を高めた『IB(Innovative Barrier)フィルム』を提供しています。内容物が見えるという特長から、アルミ箔の代替品として液体包装やレトルト食品などに幅広く採用されています。
 
※  「バイオマテック」は、大日本印刷株式会社の登録商標です
 
※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。