DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2011年12月27日

 

『ルーヴル‐DNP ミュージアムラボ』の美術鑑賞システムをフランス国立・セーヴル磁器の専門施設が導入

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)とルーヴル美術館の共同プロジェクト「ルーヴル‐DNP ミュージアムラボ」で開発した2つの美術鑑賞システムが、パリ市郊外にあるセーヴル磁器の専門施設“セーヴル陶芸都市”に導入されました。

このシステムは、2010年10月〜2011年5月に開催した「ルーヴル-DNP ミュージアムラボ」第7回展「外交とセーヴル磁器展 ヨーロッパの歴史を動かした華麗な器たち」向けに開発したもので、“セーヴル陶芸都市”の展示室内に設置され、本年12月13日に運用が始まりました。セーヴル陶芸都市は、1740年に開設され当時の技術を今に受け継ぐ国立セーヴル磁器製作所と、5万5千点以上に及ぶ陶磁器コレクションを誇る国立陶磁器美術館を2010年に統合したフランスの公立の施設法人です。今回、「ルーヴル‐DNP ミュージアムラボ」で開発した美術鑑賞システムが、ルーヴル美術館以外では初めて海外の美術館に採用されました。

【背景】

DNPとルーヴル美術館が共同で新しい美術鑑賞のあり方を探るプロジェクト「ルーヴル-DNP ミュージアムラボ」は、美術館の鑑賞者と美術作品とをつなぐアプローチ手法の革新を目的として、2006年10月に活動を開始しました。2009年12月までの本プロジェクトの第1期では、DNP五反田ビルにて開催した6回の展示を通じて約4万6千人が来館し、ITを駆使した今までにない美術鑑賞の手法が高い評価を得ました。2010年10月に開始した第2期では、引き続き同ビルにて3年間に4回の展示を行う計画で、各回の展示用に開発する鑑賞システムの一部をルーヴル美術館のパリ本館に導入することが決まっています。

第2期の初回である第7回展では、18世紀フランス王室の外交上の贈り物として政治・文化の両面で重要な役割を果たした「セーヴル磁器」を取り上げ、その用途や使用シーン、材質、製作工程など「工芸品」ならではの理解を深めるための鑑賞方法を、8つの観賞システムを開発して提案しました。その中から、セーヴル磁器の製作技術と、当時の食卓儀礼についての理解を促す2点のシステムが、本年6月にパリのルーヴル美術館に設置され、運用されています。

今回のセーヴル陶芸都市による導入は、第7回展の鑑賞システムを高く評価した同施設からの強い要請に応えたもので、ルーヴル美術館に設置された製作技術を理解するシステムに加え、鑑賞者が皿の装飾を画面上で自由にシミュレーションできるシステムも採用されました。

【提供した2つの鑑賞システムの概要】

2つの鑑賞システムは、セーヴル陶芸都市の見学ルートの導入部にあたる展示室に設置されています。セーヴル陶芸都市として、ITを活用した美術鑑賞ツールの導入は今回が初めてです。

鑑賞システム-1 「軟質磁器の製作技術」

鑑賞者は、展示ケース内の作品を鑑賞しながら、軟質磁器と呼ばれるセーヴル磁器独自の製作技法を、磁器の材料サンプルとアニメーションを組み合わせた映像ソフトで学ぶことができます。

この観賞システムでは、アニメーションで表現された職人の手の動きを追っていくことで、素地の準備から完成まで、磁器の複雑な製造工程全体の流れが自然に把握できるようになっています。展示ケース内に並べられた材料サンプルを職人の手が画面に取り込むようなアニメーション上の演出により、鑑賞者の興味を喚起する工夫もしています。これらの演出は、他人の手の動きをあたかも自分の行為のように脳の中に映し出す働きを利用したものです。

鑑賞システム-2 「装飾を施す」

鑑賞者がタッチパネルの画面で、セーヴル磁器の伝統的な装飾モチーフを選択し、自由に組み合わせて皿の装飾を行えるもので、気軽に創作体験を楽しむことができるシステムです。鑑賞者が創作した装飾は、プロジェクターを使って目の前に置かれたセーヴルの白磁の皿に投影され、完成イメージを周囲の人々と共に楽しむことができます。

【今後の予定】

今回の「ルーヴル‐DNP ミュージアムラボ」第7回展の鑑賞システムの導入を皮切りに、第8回展以降にDNPが開発するシステムの一部も、ルーヴル美術館の常設展示室に導入される予定です(2012年:古代エジプト美術部門、2013年:絵画部門、2014年:彫刻部門にそれぞれ導入予定)。

DNPは、この鑑賞システムをルーヴル美術館関連の展覧会やイベントのほか、セーヴル陶芸都市と同様に、国内外の他の美術館や博物館にも展開するなど、「ルーヴル‐DNP ミュージアムラボ」の成果の利用促進を図っていきます。

 
※プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ