DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2012年10月11日

 

スマートポスターを活用したO2Oプラットフォームサービス「TAPLINK(TM)」を開発

場所や時間に応じて簡単かつ安全に情報配信し、プロモーションの効果を最大に

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、スマートポスターを活用したO2O(オンラインtoオフライン)プラットフォームサービス「TAPLINK(タップ リンク)」を開発しました。

スマートポスターは、NFCフォーラム*1で規定されたアプリケーションで、NFCタグを貼付したポスターやPOPなどに、生活者がNFC搭載スマートフォンをタッチすることで関連情報を配信できるものです。今までの一般的なスマートポスターは、NFCタグ内に書き込まれたWebサイトのURLや電話番号、メールアドレスなどをスマートフォンで読み取り、各種サービスを提供していました。しかし、NFCタグに書き込まれた内容を変更する場合、タグ内の情報を書き換える必要があり、運用や管理が非常に煩雑でした。

今回DNPが開発したTAPLINKは、スマートポスターでのコンテンツ配信を短期間でより簡単に実施できるとともに、安全な情報配信が可能な、NFC搭載スマートフォンとスマートポスターを活用した企業のプロモーション活動を支援するO2Oプラットフォームです。

【TAPLINKの特長】

  • スマートポスターの設置場所やアクセス時間に応じて、ポスター毎に情報を切り替えて配信することができます。クーポンや動画コンテンツなど、企業が生活者に告知したい情報を最適な条件で提供することが可能です。
  • DNPが運用するデータセンターで、NFCタグ内の情報を一元管理するため、いつ、どこで、どのくらいスマートポスターが利用されたかなどのデータ分析が可能です。
  • ASPとして提供するため、各企業は配信するコンテンツを準備するだけで運用を開始することができ、サービス導入期間を大幅に短縮します。
  • DNPにて書き換え禁止処理を施したNFCタグを活用することにより、第三者による改ざんを防止し安全なサービス提供が可能です。
  • 店舗への誘導だけでなく、ポスターやPOPなどの店頭ツールと情報サービスを連動させた、新しいプロモーションを展開することができます。

【TAPLINKのサービスイメージ】

駅構内や街頭、店頭など多くの生活者が集まる場所にスマートポスターを設置し、地図アプリと連携した店舗へのナビゲーション、クーポンや割引券のプレゼント、画像や動画による商品やサービスのプロモーションなど、多様なO2Oサービスの提供が可能です。また、キャンペーンやイベントへのエントリー、コールセンターへの発信、SNSやオンラインショップとのリンクといったサービスも展開できます。

【今後の取り組み】

DNPは2012年11月から、DNPグループの丸善とジュンク堂書店で、TAPLINKを利用した、リアルとバーチャルとを連携させた以下の内容の実証実験を開始します。また、本取り組みを通して、書店メディアへのTAPLINKの採用を目指します。

1. 店内の販促メディアとTAPLINKとを連動させた各種サービス提供

  • 書籍の書評や関連プロモーション情報の配信

2. 店外のスマートポスターをオンラインショップやリアルショップの入口とした各種サービス提供

  • ポスターから電子書籍と紙の書籍とを販売するハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」への誘導
  • 現在地からリアル店舗(丸善、ジュンク堂書店)への歩行者用ナビゲーション

今後DNPは、NFC搭載スマートフォンでの決済やクーポン、ポイントなどに対応したアプリの一元管理や、これらに関わる業務を総合的に支援するDNPのサービス「モバイルWallet」とTAPLINKとの連携を進め、企業と生活者とのコミュニケーションを活性化させるソリューションを提供していきます。また、NFCモジュールや端末の開発など、認証技術を活かしたNFC搭載スマートフォンのサービスを積極的に開発し、NFC市場の活性化を推進していきます。DNPは、TAPLINKをはじめとするNFC関連ビジネスで、今後3年間で約40億円の売上を目指します。

 
*1 NFC(Near Field Communication)フォーラム:NFC とは、13.56MHzの周波数を使用した近距離無線通信の規格でISO(国際標準化機構)によって国際規格化されています。国内では、交通系を中心に普及しているFeliCaや、国内外の住民基本台帳カード、運転免許証などの公共系カードなどで広く普及しているISO/IEC14443TypeA/Bと互換性があります。NFCフォーラムとは、 NXPセミコンダクターズ社(旧フィリップスセミコンダクターズ社)・ノキア社・ソニー株式会社の3社により2004年に設立された業界標準団体で、NFCの技術仕様とテスト仕様の策定、普及・啓蒙活動を実施しています。
※  TAPLINKは、大日本印刷株式会社の商標です。
※  hontoは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
※  記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ