DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2012年10月15日

 

デジタルサイネージを活用した「バーチャル試着システム」を開発

ユニクロの米国サンフランシスコ店で運用開始

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、デジタルサイネージ(電子看板)を活用して、豊富なカラーバリエーションを持つ衣類をディスプレー上で楽しみながら試着できる「バーチャル試着システム」を開発しました。

当システムは、ユニクロが2012年10月5日にオープンしたサンフランシスコ店で、来店した顧客が自分に合った商品を楽しく気軽に選べる環境を提供したいというニーズを受けて開発したもので、店内に2台設置し、運用を開始しました。

【「バーチャル試着システム」の概要と特長】

「バーチャル試着システム」は、60インチの大型ディスプレーとタブレット端末、カメラで構成され、AR(拡張現実)の技術を活用しています。豊富なカラーバリエーションを持つ衣類を一つひとつ着ることなく、簡単な操作でバーチャルに“試着”できます。

この大型ディスプレーは、通常は鏡として使用し、システム利用時に画像を表示するハーフミラーです。

当システムは、AR技術によって、衣類の色からジャケットやフリースなどの商品の種類を識別します。来店者が試着用の商品を着て鏡の前に立ち、鏡の横に設置したタブレット端末で希望の色を指定することで、その場で気軽にカラーバリエーションを楽しむことができます。

  • カメラで撮影した来店者の試着姿を、60インチ縦型ディスプレーにリアルタイムで表示します。
  • タブレット端末で、試着した商品の他のカラーバリエーションを選択すると、ディスプレーに映った自分が着ている衣類の色が変化します。
  • 試着対象商品は「プレミアムダウンウルトラライトジャケット(MEN:12カラー、WOMEN:8カラー)」、「フリース(MEN:25カラー、WOMEN:25カラー)」です。
  • 試着用の商品を着て端末を操作するだけで、豊富なカラーバリエーションを簡単に試すことができ、具体的に似合う色をイメージがしやすくなるため、商品購入へとつなげる効果が期待できます。
  • AR技術で識別用のマーカーをカメラで読み取り、関連する情報をディスプレーに表示する従来の方法では、商品情報を個別に登録する負荷が高くなりますが、色の違いから衣類の種類を認識する今回の方式は、試着アイテムの追加が比較的容易にできます。
  • タブレット端末のメニューには、バーチャルに試着して気に入った自分の姿を撮影し、その画像をメールで送ったり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿できる機能があります。

【DNPの店頭デジタルサイネージについて】

DNPが目指す店頭デジタルサイネージは、インテリアのようにBGV(バック・グラウンド・ビデオ)として機能するだけのものでなく、最新の画像処理技術を活用したインタラクティブなプロモーションツールです。デジタルサイネージとパソコンやスマートフォン、タブレット端末などの多様なデバイス、各種印刷物を連動させるクロスメディア展開によって、生活者のコミュニケーションを活性化させ、店舗やECサイトへの誘導を促進し、購買行動につなげるきっかけを提供します。

DNPは、来店した生活者に驚きや楽しさを提供し、いつでも新鮮な気持ちで商品に接することができる空間演出とプロモーション支援を今後も進めていきます。

【売上目標】

DNPは当システムを流通・小売業界に向けて提供し、2015年度までに3億円の売上を目指します。

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ