DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2012年12月10日

 

3事業所で事業継続マネジメントシステム(BCMS)の国際規格「BS25999-2:2007」を認証取得

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、蕨工場(埼玉)、神谷ソリューションセンター(東京)、牛久工場(茨城)で製造する製品とサービスについて、本年11月6日に事業継続マネジメントシステム(BCMS)の認証(規格「BS25999-2:2007」)を取得しました。

【認証取得の背景】

事業継続マネジメントシステム(BCMS:Business Continuity Management System)は、組織の製品やサービスに重大な影響を与える地震や台風などの自然災害、火災や事故などの人的災害、システム障害などの脅威が発生した際の事業継続に必要な企業活動を管理する手法です。昨年の東日本大震災以降、首都直下型地震などの大規模災害の発生も予測される中、災害による被害をゼロにはできないとの認識のもと、DNPは平時からできる限りの予防策を施し、被害発生後に迅速でスムーズな事業継続が実現できるようBCMSの構築を進めてきました。今回DNPが取得した「BS25999-2:2007」は、BCMSの国際的な規格で、この認証を取得することで、適切なBCMSを導入して実践している組織であることが証明されます。今回の認証取得に関しては、ノルウェーに本社を置く審査機関であるデット・ノルスケ・ベリタスの審査を受け、英国認証機関認定審議会(ユーカス)の認証登録を受けました。

【認証登録の概要】

対象事業所と製品

○蕨工場(埼玉県蕨市) : フォーム製品*1、IPS製品*2、各種証券

○神谷ソリューションセンター(東京都北区) : BPOサービス*3

○牛久工場(茨城県牛久市) : カード製品

登録日

2012年11月6日

審査(認証)機関

デット・ノルスケ・ベリタス(Det Norske Veritas AS、本社:ノルウェー・オスロ)

認定機関

ユーカス(United Kingdom Accreditation Service〔UKAS〕:英国認証機関認定審議会)

有効期限

2015年11月6日

*1:配送伝票や送り状、通知書など、*2:各種報告書、請求書など、*3:金融関係の事務センター機能や、教育関係の入試関連業務等を代行して行なうサービス

【今後の展開】

今回、DNPのグループ会社で、BCMSの構築や認証取得に関してのコンサルティング業務を行う株式会社シーピーデザインコンサルティング(本社:東京 社長:鈴木靖 URL: http://www.cpdc.co.jp/)の協力のもと、災害発生を想定した事業継続の計画を策定し、その対策を実施してきたことが評価され、認証取得となりました。DNPは、BCMS関連の取り組みを一層強化し、認証対象事業所の拡大を図ることで、企業や生活者の信頼に応えていきます。

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ