DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2012年12月13日

 

お知らせ

関西にホログラムの新工場を開設

高度なセキュリティー製品の生産体制を強化

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、ホログラムの新工場を関西に新設し、2012年12月13日に生産を開始します。

新工場では、意匠性と高い偽造防止効果を併せ持つ「エンボス型ホログラム」と、世界でも限られた企業しか生産できず偽造が極めて困難な「リップマン型ホログラム」の両ホログラムを一貫で製造し、その供給体制を強化します。

【新設の背景】

ホログラムは、商品券やギフト券などの各種金券、パスポートや社員証などのID証、クレジットカードの偽造防止対策のほか、高級ブランド品のブランド保護などの幅広い用途で利用されています。しかし、国内外でブランド品に対するコピー商品が後を絶たないことや、金券、ID証の模倣や偽造による被害が世界的に増加しており、視認性に優れたホログラムによる高いセキュリティー対策の必要性が高まっています。

DNPは、「エンボス型ホログラム」や「リップマン型ホログラム」を提供しており、ホログラムの製造技術に関して世界的に高い評価を得ています。今回、拡大が続く顧客ニーズに応えて、ホログラム製造の専用工場を新設し、製造体制を強化します。

【新工場について】

新工場は、積層ゴム・粘性体ダンパー・滑り支承・オイルダンパーなどによる耐震性に優れた建屋と、防塵性の高いクラス100性能を持つクリーンルームを備えており、微細加工技術を活かした高品質のホログラム製造体制を整備しました。これにより、今後求められるセキュリティー製品の高度な管理体制を強化するとともに、世界各国の紙幣やパスポート、運転免許証、社会保障カードなどの公的な社会インフラ製品でのホログラムの利用拡大に対応していきます。運営はDNPのグループ会社である株式会社DNPデータテクノ関西が担当します。

・延床面積  : 約4,200m2

・生産開始日    : 2012年12月13日

【今後の取り組み】

DNPは、製品のブランド保護のほか、高いセキュリティーが求められるID証やパスポートなどの偽造防止のためにホログラムを提供し、今後2017年までの5年間で200億円の売上を目指します。

 
※  株式会社DNPデータテクノ関西について
代表者  : 笹部新樹
資本金  : 1億円
本社住所    : 奈良県磯城郡川西町大字唐院712-10
設立    : 2003年10月1日
事業内容    : 各種帳票およびプラスチックカードの製造、ホログラムの開発・製造
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ