ニュースリリース

2013年03月04日

 

情報技術

小型・薄型でデジタル機器に組み込みが容易なNFCモジュールを開発

さまざまな端末や機器に搭載することでNFCの機能を利用した新たなサービスを実現

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、近距離無線通信技術であるNFC(Near Field Communication)に対応したアンテナ付きNFCモジュールを開発し、5月に評価用サンプルを出荷、6月に販売を開始します。

【製品開発の背景】

スマートフォンのほか、家電やAV機器などの電子機器にNFCを搭載することで、これらの機器の間でのデータ通信も可能となるため、この機能を活用した新たなサービスの可能性が広がっています。例えば、生活者がヘルスケア機器でチェックした日々の健康状態のデータを送信したスマートフォンのアプリで管理したり、生活家電の設定をスマートフォンから行うなど、用途の拡大に注目が集まっています。これらのサービス展開に対してDNPは、デジタル機器に組み込むだけでNFCの機能を利用した新たなサービスが開始できる、小型・薄型のアンテナ付きNFCモジュールを開発しました。

【DNPのNFCモジュールの特長】

・  小型、薄型で機器への組み込みが容易です。

・  NFCの基本機能であるデータ蓄積など非接触ICカード機能、R/W(リーダーライター)機能、機器同士で通信するP2P(Peer to Peer)機能を有しています。

・  NFCモジュールと、それを組み込む機器は汎用的なケーブルで接続でき、その通信方式はUART、I2Cのいずれかから選択できます。

・  NFCモジュールのアンテナ部分の裏側には磁性体シートを配置しているため、組み込む機器の環境に通信性能が影響されにくい設計となっています。

・  本標準品のほか、組み込み先の機器の仕様や利用環境に合わせて通信性能の最適化を図るほか、機能追加などのカスタマイズにも対応します。

【NFCモジュールの仕様(標準品)】

準拠規格

ISO/IEC18092

サイズ

30mm×50mm×2.2mm

ホストI/F

UART、I2Cのいずれか

読み取り可能な媒体

ISO/IEC14443 TypeA・TypeB、JIS X 6319-4(FeliCa)、ISO/IEC15693、ISO/IEC18092に準拠

通信速度

106kbps、212kbps、424kbps

【今後の展開】

DNPは本製品を、ゴルフナビ端末などの小型機器のほか、多様なメーカーのデジタル機器向けに提供し、今後3年間で2億円の売上を目指します。

また、本製品は、朝日ゴルフ用品株式会社が販売するゴルフナビ端末次期モデルに搭載される予定です。

なお、3月5日(火)〜8日(金)に東京ビッグサイトで開催される「NFC&Smart WORLD 2013」のDNPブースに、NFCモジュールを出展します。

 

※ FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触型ICカードの技術方式です。
※ FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
※ その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。