ニュースリリース

2013年04月02日

 

青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社
大日本印刷株式会社

情報技術

グローバル時代の次世代経営者の育成と組織活性化をサポートする「企業教育支援サービス」を開始

 

青山学院ヒューマン・イノベーション・コンサルティング株式会社(本社:東京 社長:玉木欽也 資本金:1,500万円 以下:青学Hicon)と大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は共同で、グローバル経済の時代に次世代を担う経営人材の育成と組織の活性化をサポートする総合的な「企業教育支援サービス」を提供します。

★企業教育支援サービスの詳細はこちらのURLで確認できます。

http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10083916_5309.html

【サービス開始の背景】

国内市場の縮小と経済のグローバル化が進む中、日本企業の国際競争力向上のために、国際感覚を備えた優秀な経営者やリーダーの育成が課題となっています。また、海外進出する日本企業が経営の一体感を高めるために、経営理念や事業ビジョンなどを現地の従業員と共有するとともに、強い求心力を持つ人材によって組織をマネジメントしていくことの重要性が高まっています。この課題に対して青学HiconとDNPの両社は、次世代の経営者を育成するビジネスカレッジ・プログラムの開発などで協働してきたノウハウを活かし、個々の企業の実情に合わせ、グローバル社会に対応した高度で体系的な経営者教育プログラムの提供や、国内外の社員への経営理念の浸透などをサポートする「企業教育支援サービス」を開始します。

【サービスの概要と参考価格】

青学HiconとDNPは、互いの強みを持ち寄り、次の各種教育サービスを提供します。

1.「教育研修サービス」 : 1,200万円〜

グローバル視点を持った次世代の経営人材の育成やミドルマネジメントの能力開発を主なテーマとし、これらの研修プログラムの企画やカリキュラム開発、講義資料や教材テキストの作成、研修講義(全8回)、講師派遣などを実施します。

2.「インターナルブランディングサービス」 : 1,000万円〜

周年事業等を活用して経営理念などの浸透・定着をを主なテーマとし、初期企画立案、インターナル調査・分析、経営理念体系や企業価値体系の開発、コンセプトワーク、ステートメントや行動指針の策定、ブランドブックの開発、社内浸透フレームワークの構築などを実施します。

※e-ラーニングシステムやオンライン学習サポート、社史や企業史料データベースなどの制作費用は除きます。
※価格は税抜きです。

【両社の強み】

青学Hiconは、青山学院大学や他大学との連携、国家プロジェクト事業への参画、産学官共同研究などで培った人材開発のメソッドやノウハウ、教育研修の豊富な実績を有しています。また、国際社会におけるリーダーとして活躍できる人材の開発支援や研修サービス、多文化経営マネジメント、異文化コミュニケーション、各種経営業務に関する研修サービスやコンサルティングサービスを提供しています。

DNPは、国内3万社を超える顧客企業の事業活動を支援する多様な製品・サービスやコンサルティング、各種コンテンツ・メディアの企画・制作や、プロモーションの企画・運営、e-ラーニングシステムの開発、クラウドサービスなどの幅広いソリューションを提供しています。また、延べ2,000社以上におよぶ、企業周年事業や社史編纂に関する豊富な実績や、企業史料のデータベース化・編集加工などのノウハウを有しています。

【今後の展開について】

青学HiconとDNPは、新たな教育プログラムやコンテンツ、eーラーニングシステムなどを開発して当サービスの拡充を図るとともに、グローバル展開に注力する企業に当サービスを提供し、2016年度までに30億円の売上を目指します。

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。