ニュースリリース

発刊後も毎日情報を更新!新しいデジタル雑誌の実証実験を実施

オリジナルのデジタル雑誌『HEAPS(ヒープス)』を創刊し、コンテンツの新しい見せ方を追求

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、映像や音声に加え、次号の発刊まで毎日情報を更新する機能などを付加した、新しい形のデジタル雑誌の効果的な見せ方や広告効果などを検証するための実証実験を開始します。

今回の実験では、米国・ニューヨークを中心とした世界のビジネス、アート、ファッションなどの最新情報をストーリーとして紹介する隔週刊のデジタル雑誌『HEAPS(ヒープス)』を2013年5月下旬に創刊します。創刊号から6号の発行までの約3ヶ月間、デジタル雑誌ならではの特長を活かした見せ方や、音声や動画などのリッチコンテンツを活用した制作手法や配信の仕組みなどについて、検証していきます。

また、創刊に先駆けて、5月10日(金)に『HEAPS』のウェブサイトを立ち上げ、創刊号の記事の一部や『HEAPS』のコンセプト映像が閲覧できる創刊準備号を配信します。

【実証実験開始の背景】

スマートフォンやタブレット端末、電子書籍端末の登場によって電子書籍が普及しはじめており、デジタル雑誌は映像や音声など、紙の雑誌にはなかった表現要素を付加できる新たな出版メディアとして期待されています。

DNPは、印刷物と平行してデジタル雑誌を制作するサービスを2011年から提供しています。今回の実証実験では、デジタル雑誌ならではの記事や広告の表現手法の検証・研究を行い、出版社だけでなく、読者や広告主にとってより魅力的でクオリティーが高いコンテンツを持つデジタル雑誌の制作を支援していきます。

【デジタル雑誌『HEAPS』の概要】

デジタル雑誌『HEAPS』は、ニューヨークのビジネス、アート、ファッションなどの最新トレンドを現地在住のクリエイターが編集して紹介する隔週刊の日本語版デジタル雑誌です。総合誌として男性誌と女性誌を1つのアプリで提供するとともに、隔週で発行する特集記事(Cover Story)をメインテーマとし、そこに表紙画像や特集関連情報、コラムなどの毎日更新するコンテンツを組み合わせて、次号の発行日まで新しい情報によって読者の興味を引き続けるデジタル雑誌ならではの仕組みを提供します。

また、映像や音声を積極的に活用した広告効果の高い表現や、広告効果測定手法の開発を行い、記事と連動した広告の閲覧率などについても検証する予定です。なお、創刊準備号、創刊号から6号まで無料で提供していきます。

今回の実証実験は、編集・制作のコーディネーターである株式会社メイク・センスプラスの協力を得て実施します。

『HEAPS』ウェブサイトURL : http://www.heapsmag.com/

※ 5月10日(金)から創刊号配信までの限定オープン

【『HEAPS』アプリの配信について】

名称        : 『HEAPS(ヒープス)』

配信開始時期    : 2013年5月下旬

価格        : 無料(創刊号〜6号)

販売元      : 株式会社メイク・センスプラス

配信端末    : iPad、iPad mini

販売サイト  : App Store(アップストア)、掲載カテゴリ : ブック 

【今後の展開】

DNPは、今回の実証実験の結果を基にデジタル雑誌制作のノウハウを蓄積することで、デジタル雑誌ならではのコンテンツ制作や配信支援、効果的な広告展開などのサービスの提供で、2015年度で1億円の売上げを見込んでいます。

 

※ iPadならびにApp StoreはApple Inc.の商標または登録商標です。