DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2013年06月03日

 

Quanta Computer とカラーマネジメント用LSIを共同開発

独自のカラーマネジメント技術でディスプレーの色調のばらつきを補正

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)とノートパソコンやタブレット端末の製造受託大手のQuanta Computer Inc.(本社:台湾 社長:C.C. Leung 資本金:385億元 以下:クァンタ)は、カラーマネジメント用LSI(大規模集積回路)の共同開発に関して業務提携を締結しました。DNPは、回路設計の後、本年後半には当LSIの製造を開始し、クァンタは当LSIを搭載したノートパソコンやタブレット端末の量産を2014年1月に開始します。

【カラーマネジメント用LSI開発の背景】

近年、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどに、商品カタログや飲食店のメニューなどを表示してサービスに利用する機会が増加しています。しかし、これらの電子機器で表示する画像の色調は、ディスプレーのメーカーや機器ごとに違いが生じています。例えば、通販サイトの商品やロゴマークなどに機器間での色のばらつきによる実物の色調との差異があると、返品の発生やブランドイメージの低下などの恐れが生じるため、より実物に近づけた美しい映像表現が可能な機器が求められています。

こうしたニーズに対応すべく、印刷物のカラーマッチング技術で豊富なノウハウを持つDNPと、ノートパソコンなどの製造受託をワールドワイドで展開するクァンタは、色調補正機能およびコントラスト補正によって低消費電力ながらリアルで美しい映像表現を実現する専用LSIを共同開発することとしました。

【カラーマネジメント用LSIの特長】

1.機器のカラーマネジメントを実施

DNPの印刷における画像処理で培ったカラーマッチング技術を活用して、パソコンとタブレット端末に表示される画像をより実物に近い色調に補正することができます。また、機器の違いによるディスプレー上の色調のばらつきを最小限に抑え、機器や端末の信頼性を高めることができます。

2.コントラスト補正機能によって美しくリアルな映像表現を低消費電力で実現

当LSIは、人間の網膜と同じように、同一画面内の明るい部分と暗い部分を認識し、適切なコントラストに補正する英国のアピカル・リミテッド社の技術に加え、画像内のノイズを除去するDNP独自の機能を搭載しています。当LSIにより、画像の明暗部を適切なコントラストに補正する機能によって視認性が向上し、リアルで美しい映像表現が可能になります。同時に、ディスプレーのバックライトの出力(輝度)を30%まで下げても最大出力時と同等の画質を表現できるため、低消費電力化を実現します。

3.ブルーライトカット機能を搭載

液晶ディスプレー特有のブルーライトをカットする機能を搭載しており、眼に優しい電子機器の開発が可能です。

【開発の役割】

DNPは、LSIの開発・製造およびクァンタへの提供、および当LSIを搭載した各種機器の色調整のサポートなどを担当します。

クァンタは、当LSIを搭載したタブレット端末やノートパソコンの開発・製造、および顧客企業への販売などを担当します。

【今後の展開】

クァンタは自社の顧客企業に対して、当LSIだけでなく、DNPの顧客企業が持つ多様なコンテンツやサービスなどのソフトウェアも搭載した、付加価値の高いノートパソコンやタブレット端末を製造・販売していきます。また、DNPは自社の顧客企業に対して、当LSI搭載機器に業務改善や教育支援、販促支援などのDNPオリジナルのアプリケーションを付加して販売していくことで、両社の連携をさらに強化していきます。

このたびの業務提携によりDNPは、2014年度に50億円の売上を目指します。

 

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

 

 

 
 
 

ページトップ