DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2013年10月22日

 

NFC対応スマートフォン向けO2Oプラットフォーム『TAPLINK(R)』がアメリカン・エキスプレス「オータム・フィエスタ2013」で採用

 

大日本印刷株式会社(以下:DNP)が開発したNFC対応O2O(Online to Offline)プラットフォーム『TAPLINK®(タップリンク)』が、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(以下:アメリカン・エキスプレス)が開催中のカード会員向けの優待キャンペーン「オータム・フィエスタ2013」で採用されました。

今回のキャンペーンでは、NFCタグ付きPOP(店頭広告)をアメリカン・エキスプレスの加盟店80店舗以上の約250箇所に設置しており、これまでのNFCタグ付きポスター・POPの導入事例としては最大規模となります。

【TAPLINKを利用したキャンペーンの概要】

東京ミッドタウンやヒルトンプラザ大阪、阪急メンズ東京など、80以上のキャンペーン参加店舗の店内約250箇所にNFCタグ付きPOPを設置しています。このPOPに、アメリカン・エキスプレスのカード会員・非会員を問わず、生活者がNFC対応スマートフォンをかざすとキャンペーンサイト(http://amex-game.jp)へアクセスし、カードマッチング・ゲームを楽しみながらプレゼントへの応募やオータム・フィエスタ2013の特典情報の閲覧が可能になります。

*オータム・フィエスタ2013は、11月17日まで開催しています。

詳細はウェブサイト(www.amexselects.jp/fiesta)でご確認ください。

【TAPLINKについて】

生活者に企業のウェブサイト(オンライン)を閲覧してもらうことで、実際の店舗(オフライン)へ誘導して商品の購入やキャンペーンへの参加を促すなど、購買活動を活性化させるO2O施策を実施する企業が増えています。この状況に対してDNPは、NFCタグを貼付したPOPやポスターにNFC対応スマートフォンをかざすと、その端末に商品や店舗情報、クーポンなどを配信する、O2Oプロモーション支援プラットフォームTAPLINKを2012年に開発しました。カメラや専用アプリを起動させる必要がなく、スマートフォンをかざすだけで関連情報にアクセスできる利便性と、小型のNFCタグをPOPやポスターの裏面に貼るだけという手軽さなどが評価され、書店や大学キャンパスなどで導入が進んでいます。

【今後の取り組み】

DNPはTAPLINKの用途拡大に努めるとともに、新しいソリューションの開発に取り組み、企業と生活者とのコミュニケーションの活性化を支援していきます。

DNPはTAPLINKを含むNFC関連製品・サービスにより、今後3年間で約40億円の売上を見込んでいます。

 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 
 

ページトップ