DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2013年12月27日

 

情報技術

DNPメディアクリエイト 商品画像の撮影・配信BPOサービス『SHOOT MAX』を開始

4Kに対応した高品質な画像をスピーディーに制作し企業のクロスメディア展開を支援

 

大日本印刷株式会社(以下:DNP)のグループ会社で商業印刷物などの企画・制作を行う株式会社DNPメディアクリエイト(以下:DMC)は、印刷物や4Kディスプレーにクロスメディア展開可能な高品質な商品画像の撮影から配信までの業務を一括して受託するBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービス『SHOOT MAX(シュートマックス)』を、1月6日に開始します。

【サービス開始の背景】

電子商取引(EC)市場の拡大に対応し、カタログやECサイトに表示する大量の商品画像を短納期で制作したいという企業のニーズが高まっています。その際、表示メディアごとに異なる画像フォーマットに合わせて複数のデータを制作する煩雑な負荷を軽減するとともに、メディアによる色調のばらつきを抑えたいという要望もありました。一方、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4Kディスプレーの普及が迫るなか、電子メディアの画像も印刷物同様に高解像・高品質であることが求められています。

DMCはこれらの要望に対応するため、印刷物を中心にさまざまなメディアに対応した画像の制作を通じて培った品質管理技術、進行管理ノウハウを活かして、高品質な商品画像の撮影から配信までの業務を一括して受託するBPOサービスSHOOT MAXを開始し、企業のクロスメディア展開を支援します。

【SHOOT MAXの概要】

SHOOT MAXは、商品の撮影から画像データの色調修正・加工、表示メディアや端末に合わせた最適化、画像データの配信・管理までを行います。企業の現状の業務フローを分析したうえで、制作方針と全体最適の視点に基づいて、商品の高品質な画像データを作成するための効率的な業務プロセスを設計します。DMC独自の撮影・品質管理技術により高品質な画像を制作するとともに、クラウドを活用して画像データを一元的に管理しながら、効率的に表示媒体に配信する環境を提供します。

1. 高品質な画像をつくる色調管理

商品画像の色のばらつき、“実物の色が画像の色と違う”という理由での返品が多いことなど、ECサイトの画像の色調品質の向上が重要な課題となっています。SHOOT MAXは、画像データの制作から配信までの全工程で電子メディア用のRGB(赤・緑・青)方式で統一管理する、独自のカラーマネージメントシステムを構築しました。電子メディアに最適な色調管理手法により、表示メディアの性能をフルに生かした高品質な色調表現が可能になります。また、制作過程における色調の確認が容易となり、ECサイトにおける色調品質の向上が図れます。さらに色のプロフェッショナルであるカラーコーディネーターが、品質管理をサポートします。

2. 大量の商品画像をスピーディーに撮影

多数の商品を撮影場所に集約し、商品運搬の自動化などにより効率的な撮影を行います。さらに効率を上げるため、対象商品の製造工場や倉庫などの内部に撮影・制作拠点を構築することもできます。また、企業の担当者による撮影画像の承認作業を遠隔地から行えるほか、トレーサビリティ機能によって商品の搬入から撮影、商品データ入力、搬出まで、撮影に関わる作業の進捗状況をリアルタイムで確認・共有できるシステムをクラウド環境で提供します。

3. スピーディーな画像レタッチ

ECサイトやカタログでは、モデルが使用しているカットや置き撮りカットなど、同一商品の画像を複数表示する場合、ライティングなどの違いで色調に差が生じる場合がありました。SHOOT MAXは、従来手作業であった画像の明るさ・色調・コントラストなどの調整を、DMC独自の画像処理システムを用いて自動で行うため、大量の最適化した画像を短納期で制作できます。

4. クラウドで効率的な画像配信

撮影拠点で制作された画像は、クラウド上の画像配信サーバーに格納されます。企業の担当者と各表示媒体の制作担当者は、この画像配信サーバー上で、画像管理やコンテンツ制作の進捗管理、コンテンツの著作権管理、校正業務などを行えるほか、流通会社などの取引先、海外拠点などへ画像を配信することができます。

なおSHOOT MAXでは、静止画だけでなく、動画の撮影やCG制作、リッチコンテンツ、インタラクティブコンテンツの制作なども可能で、これらを組み合わせることによって、多様な商品の見せ方を実現します。また、各種業界に精通したコピーライターによる商品原稿の作成にも対応します。

※詳細はウェブサイトをご覧ください。 http://www.dnp.co.jp/dmc/solution/solmenu15.html

【今後の取り組み】

価格は個別見積もりとなります。DNPおよびDMCは、SHOOT MAXをECサイトや電子カタログなどを展開する企業を中心に提供し、2015年度までに20億円の売上を目指します。

大日本印刷株式会社   本社:東京   社長:北島義俊   資本金:1,144億円
株式会社DNPメディアクリエイト   本社:東京   社長:吉田実   資本金:1億円(DNP 100%)
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 
 

ページトップ