DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2014年03月12日

 

情報技術

地図や観光情報を表示するデジタルサイネージ『Will Smart(R)』の小型タイプを発売

さまざまな施設への導入が容易、NFCリーダライターとプリンターの搭載でクーポン発券も可能に

 

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、多言語に対応した地図や観光情報などを表示するタッチパネル式デジタルサイネージ(電子看板)『Will Smart®(ウィル・スマート)』に、NFCリーダライターとプリンターを搭載した省スペースタイプを3月12日に発売します。多様な施設への導入が容易で、NFC対応スマートフォンへの目的地までの地図情報の配信や各種クーポン券が発行できます。

【開発の背景と概要】

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、多言語に対応したさまざまなサービス提供の取組みが始まっています。Will Smartは、株式会社ゼンリンデータコムが保有する地図データを中心とした観光地や施設、店舗などの多彩な情報を、多言語に対応させ国内の生活者だけでなく、海外からの旅行者にもわかりやすく提供するデジタルサイネージです。DNPは、2013年にWill Smartを製造・運営するゼンリンデータコム子会社の株式会社Will Smartと資本業務提携し、国内の販売代理店としてサービスを展開しています。今回、要望の高い省スペース化に対応するとともに、機能を拡充しました。

【省スペースタイプ「Will Smart」の概要と新機能】

今回DNPが発売する省スペースタイプWill Smartは、20インチディスプレーとNFCリーダライターを搭載しています。46インチや55インチのディスプレーを搭載した従来機種よりも省スペースでの設置が可能なため、ホテルや旅館などの宿泊施設のほか、観光案内所などの外国人が多く訪れるさまざまな施設に最適です。従来機種同様、施設の情報や周辺地図などを日本語・英語・中国語・韓国語の4言語で表示するほか、オプションで、クーポン発券用のプリンターを搭載することができます。

1.利用者の進行方向に合わせた地図表示が可能

通常、駅などに設置されているデジタルサイネージで表示する地図は、上部を北にしている場合が一般的ですが、本製品は利用者の進行方向に合わせて地図の向きを自由に変えることができます。この機能により、目的地と利用者の位置関係の把握が容易になりました。

2.目的地までのルートを表示

タッチパネルで操作することで、現在地から目的地までのルートを表示する機能を搭載しました。

3.NFC対応のモバイル端末に地図情報を表示

NFC対応スマートフォンなどのモバイル端末をNFCリーダライターにかざすことで、ディスプレーに表示されている目的地までの案内情報をスマートフォンで見ることができます。この機能は、モバイル端末がURL情報を読み込み、サーバにアクセスして地図情報を表示するため、端末にアプリをインストールする必要がありません。

NFC未対応の端末では、Will Smart のディスプレーに表示した2次元コードを読み取ることで目的地までのルート表示が可能です。

4.プリンターでクーポンなどを発券

周辺の店舗などが実施するキャンペーンやイベントなどのお得情報やクーポンをプリンターで発券し、利用者の来店誘導を図り、地域の活性化を促進します。

【価格(税抜き)】

本体価格35万円 (標準搭載:20インチディスプレー、セットトップボックス、NFCリーダライター、筺体)

※初期導入費用と月額費用(配信運用費、コンテンツ更新費、地図ライセンス費用)が別途かかります。
※地図以外のコンテンツは、別途コンテンツ制作費がかかります。
※プリンターはオプションです。

【今後の展開】

DNPは、省スペースタイプ「Will Smart」を、ホテルや旅館などの宿泊施設や、外国人旅行者向けのサービスを提供する観光案内所、商業施設などに販売するとともに、コンテンツの制作・配信・運用など、デジタルサイネージに関わるサービスをトータルで提供して、2015年度までに3億円の売上を目指します。

 
大日本印刷株式会社  本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円
株式会社ゼンリンデータコム  本社:東京 社長:清水辰彦 資本金:17億円
株式会社Will Smart  本社:東京 社長:和田幸平 資本金:8,600万円
※Will Smartは、株式会社ゼンリンデータコムの登録商標です。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ