ニュースリリース

エリア限定電子コンテンツ配信サービス『チェックインマガジン・ゼロ』が立教大学の地域活性化・観光振興プロジェクトに採用

志賀高原で学生が運営する期間限定カフェ「リーダーズ・ラウンジ」に、無料のデジタル雑誌を提供

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)が提供する、エリア限定でデジタル雑誌を記事ごとに閲覧できるサービス『チェックインマガジン・ゼロ』が、立教大学 庄司貴行研究室(観光学部)が推進する志賀高原の観光振興プロジェクトに採用されました。

当プロジェクトは、ウィンタースポーツで人気の高い志賀高原への観光客を、年間を通して誘致することを目的として、若者の目から「新たな過ごし方」を提案・発信していくものです。

本年の活動として、志賀高原リゾート開発株式会社が運営する「志賀高原ゲートウェイステーション」内に、8月1日〜24日の期間限定のカフェ「リーダーズ・ラウンジ」を開設し、同店を訪れた観光客などが、タブレット端末を使って、14誌のデジタル雑誌に掲載されている約300〜350の記事を無料で閲覧できる機会を提供し、リゾート地でのリラックスした時の過ごし方を提案します。

【チェックインマガジン・ゼロについて】

チェックインマガジン・ゼロは、店舗や施設などのエリアを限定し、その場を訪れた生活者が、特集や記事単位(マイクロコンテンツ)のデジタル雑誌を、スマートフォンやタブレット端末で閲覧(無料)できるアプリサービスです。

<生活者の主なメリット>

会員登録などの手続きは不要で、専用アプリをダウンロードすれば無料でデジタル雑誌を閲覧できます。雑誌が記事ごとに分割されているため、読みたい記事だけを迅速に閲覧でき、ちょっとした空き時間を使って効率的に楽しむことができます。

<導入企業・店舗の主なメリット>

来店顧客の待ち時間のストレス緩和につながるサービスとして効果的で、競合との差別化、顧客満足度やロイヤルティの向上を実現し、店舗やショールーム、待合室やイベント会場などの“場”の価値を高めることができます。画面デザインやコンテンツラインアップなどを共通パッケージ化しているため、より低価格な料金設定で、スピーディーに導入できます。

<配信雑誌一覧(出版社50音順)>

「Discover Japan」「flick! digital」(株式会社エイ出版社)/「ソトコト」(株式会社木楽舎)/「週刊ゴルフダイジェスト」(株式会社ゴルフダイジェスト社)/「GQ JAPAN」「WIRED」(コンデナスト・ジャパン)/「サイゾー」(株式会社サイゾー)/「自遊人」(株式会社自遊人)//「GOLD」「Begin」「MEN'S EX」(株式会社世界文化社)/「Harper's BAZAAR日本版」(株式会社ハースト婦人画報社)/「WORLD SOCCER KING」(株式会社フロムワン)/「月刊山と溪谷【デジタル(電子)版】」(株式会社山と溪谷社)

※2014年7月31日時点
 

【志賀高原の観光振興プロジェクトの概要】

志賀高原では観光振興・地域活性化の一環として、冬のスキーの時期だけでなく、夏のグリーンシーズンの観光客誘致にも努めています。立教大学観光学部・庄司貴行研究室は、志賀高原の自治体からの委託を受け、若者の目線から「新たな過ごし方」を提案・発信していく共同研究プロジェクトに2012年から取り組んでいます。夏の志賀高原では、雄大な自然を楽しむトレッキングなどの多様なアウトドアスポーツが盛んですが、乳幼児がいる家族や年配者などが時の流れをゆったりと楽しむという過ごし方は限られています。この状況を受け、共同研究プロジェクトの一環で同研究室は、志賀高原の大自然に囲まれて「デジタル雑誌を読みながら地元ワインなどを楽しむカフェ」をコンセプトに、立教大学の学生約20人が交代で運営する期間限定カフェ「リーダーズ・ラウンジ」を開設します。

【今後の展開】

DNPは、本サービスをカフェやホテル、金融機関やカーディーラなどへ幅広く提供するとともに、本サービスのコンテンツ配信プラットフォームを活用して、地域活性化・観光振興といった社会課題にも取り組むことで、2017年度までに20億円の売上を目指します。

 

※「チェックインマガジン」は、大日本印刷株式会社の登録商標です。

 

※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。