ニュースリリース

未来の快適なくらしを考える「DNPすまいみらい研究所」設立

産・官・学との共創で、“未来の住まい”を実現する新たな製品・サービスを開発

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、“未来の住まい”をテーマに、DNPが培ってきた印刷技術や情報技術なども活用して、次世代の住空間を生活者とともに考えていく「DNPすまいみらい研究所」を10月1日に開設します。

当研究所は、「快適なくらし」を営む空間を「住まい」と定義し、住宅やオフィス、乗り物などの多様な空間における快適さや豊かさを求めて、産・官・学の協力のもと、“未来の住まい”を実現する新たな製品やサービスを創造していきます。

活動の内容については、専用ウェブサイト(http://sumaimirai.DNP/)を通して、さまざまな情報発信やマーケティング活動などを展開します。

【設立の背景と狙い】

DNPは、独自のEB(Electron Beam:電子線)*技術を用いた床材や壁紙などの建築部材を、住宅やオフィス、自動車や鉄道車両などのメーカー向けに提供しています。国内では少子高齢化が進み、新築住宅市場の縮小が予想されるほか、800万戸を超える未入居住宅や空き家などの住宅ストックの利活用、バリアフリーへの対応、エネルギーの有効利用、環境保全などの多くの課題があります。

これらの課題に対して、生活者の視点やソーシャルな視点に重点を置きながら、産・官・学の多様なアイデアを集め、DNPの印刷技術と情報技術を活かして具体的な製品・サービスを開発していく、共創の場として「DNPすまいみらい研究所」を設立します。

【DNPすまいみらい研究所の役割】

生活者や社会の潜在的なニーズを捉え、多様に変化する次世代の「快適なくらし」を営む空間=“未来の住まい”を産・官・学で描き、そこで求められる製品やサービスをカタチにしていくことで、新しいビジネスを創出します。

未来の空間づくりをリードするデザイン

イマジネーション豊かな著名な建築家とのコラボレーションから未来を予感させる最先端のデザイントレンドを発信します。

快適な未来の住まいを実現するテクノロジー

耐久性技術(高機能化技術)や微細加工技術などを活用した快適な住まいを実現する新しい機能を持つ素材や部材に関する情報を発信します。

生活者や社会のインサイト(潜在的なニーズ)の把握

生活者の価値観やライフスタイルに関するDNP独自の「消費者価値観データベース」などを活用して、生活者や社会の嗜好や価値観の変化を捉えながら、潜在的なニーズや感性などを分析して、住空間における快適さを追求します。

【今後の展開】

DNPは、「DNPすまいみらい研究所」を通じて、建築工学系の大学との共同研究を実施し、新製品のアイデアの事業化を推進します。また、大学や民間企業との共創活動を2年単位で展開していきます。

なお、DNPは、本年10月25日(土)〜11月3日(月)に明治神宮外苑絵画館前(東京・新宿)で開催される「TOKYO DESIGNERS WEEK 2014」に出展し、DNPの建築部材や多様な技術、製品などを展示・紹介します。

 

*EB(Electron Beam:電子線)技術 : 塗工樹脂(液体)に電子線を照射することにより、樹脂に含まれている原子を重合反応させ、樹脂を硬化させる技術です。ウレタンや紫外線硬化型樹脂を塗装する方法に比べ、ほぼ完全に反応して硬化するため、表面硬度の高い膜が得られます。この技術によって、傷や汚れ、日光などに強く、耐久性が高く、実用性能、品質安定に優れた製品が提供できます。また、製造工程での省エネルギー化やCO2排出量削減、無溶剤塗工が可能な次世代型環境対応技術でもあります。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。