DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2014年12月18日

 

情報技術

大日本印刷 DNPデジタルコム ビーコンを活用した駅構内のナビゲーションアプリを開発

JR東日本が実施する実証実験「東京駅構内ナビ」で採用

 

大日本印刷株式会社(以下 : DNP)と、その子会社で、電子メディアの企画制作を行う株式会社DNPデジタルコムは、BLE Beacon(ビーエルイービーコン)の技術を利用して、複数のフロアがある建物でも正確に位置情報を把握できる、スマートフォン用ナビゲーションアプリを開発しました。

本アプリは、東日本旅客鉄道株式会社(以下 : JR東日本)が2014年12月18日〜2015年2月28日に行う実証実験「東京駅構内ナビ」で採用されました。

*BLE Beacon : Bluetooth Low Energy(BLE)を使った無線位置検出方式。ビーコン(発信機)にスマートフォンが近づくと、その場所に関連する情報を受け取ることができる。
利用イメージ(左)/画面サンプル(右)

【東京駅構内ナビの概要】

専用アプリ「東京駅構内ナビ」をApp Storeから無料でダウンロードし、東京駅構内でこのアプリを立ち上げると、画面上の構内図に現在位置が表示されます。駅構内の目的地を設定すると、現在位置から目的地までの経路が表示されます。駅構内に設置されている、出口や乗り場を示す案内サインを画面にも表示するため、利用者は目の前の場所と画面を比較しながら経路を確認できます。

一般的なナビゲーションサービスが利用するGPS(Global Positioning System : 全地球測位システム)は、駅のように、複数のフロアにまたがる立体的な構造を持つ建物の中では、正確な位置の把握が困難です。今回の実験では、駅構内の160箇所に設置されたビーコンによって、利用者の位置を数メートルの範囲でより正確に把握することができます。

実施期間

2014年12月18日〜2015年2月28日(予定)

案内対象

JR東日本 東京駅1階、地下1階 改札内コンコース

対象端末

iPhone (iOS7.1.2以上)

 

公式サイト

http://www.jreast-app.jp/s-navi/

*本研究開発は、東日本旅客鉄道株式会社、大日本印刷株式会社、株式会社日立製作所の共同研究開発です

【今後の展開】

DNPとDNPデジタルコムは、東京駅構内ナビにおいて、独自開発のBLE Beacon用ソフトウェア開発キットを用いたスマートフォン用アプリの開発から、最適なビーコンの選定、ビーコン設置などの導入計画の立案までを行いました。今後も、BLE Beaconを応用した屋内の位置情報サービスやナビゲーションサービスの導入を進めるとともに、広告・販促情報のプッシュ型配信サービスへの応用も進めていきます。

両社は、鉄道事業者、航空事業者、商業施設などに、BLE Beaconサービスを提供し、2015年度で3億円の売上を見込んでいます。

 
大日本印刷株式会社      本社:東京  社長:北島義俊  資本金:1,144億円
株式会社DNPデジタルコム 本社:東京  社長:福田祐一郎    資本金:1億円
東日本旅客鉄道株式会社  本社:東京  社長:冨田哲郎  資本金:2,000億円
 
*App Store、iOSはApple Inc. の商標です。
※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ