DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2015年05月14日

 

包装材・飲料

バイオマスプラスチックを使用した電子レンジ用包装材を開発

業界初! 植物由来原料による環境対応電子レンジ用包装材を冷凍食品などの用途に展開

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、植物由来の原料で製造した「DNPバイオマスプラスチック包材 バイオマテック®」シリーズのフィルムを使用した「DNP電子レンジ包材」を開発しました。業界初の植物由来原料による環境対応電子レンジ用包装材として、2015年5月に販売を開始します。

 

【開発の背景】

DNPは、環境負荷が低く持続可能性に配慮した多様な包装材を積極的に開発しています。2012年には、植物由来原料(サトウキビから砂糖を精製した後の廃糖蜜)を一部に使用した「バイオマテック PETフィルム」を世界に先駆けて開発しました。

一方、国内ではほぼ全ての家庭に普及している電子レンジに対応した食品も増加しており、簡便に電子レンジで安全に加熱できる包装材の需要が高まっています。このニーズに対してDNPは2003年より、スーパーなどで販売されている袋の状態のまま電子レンジで加熱できる包装材を開発し、市場に提供してきました。 

今回DNPは、植物由来原料によるバイオマスプラスチックを使用した低密度ポリエチレン(LDPE)フィルムの開発に成功し、業界初となる全ての層にバイオマスプラスチックを使用した電子レンジ用包装材を開発しました。

*2010年の国内の家庭での電子レンジ普及率は97%(総務省統計局発表)。

【本製品の特長と環境対応効果】

バイオマスプラスチックを一部に使用した「DNP電子レンジ包材」は、表層にバイオマス度20%の「バイオマテック PETフィルム」を使用し、内層に今回新たに開発した「バイオマテック 低密度ポリエチレン(LDPE)フィルム」を使用しています。

今回、インキや接着剤を除くすべてのフィルム層に植物由来の材料を用いることにより、容器全体で最大約60%のバイオマス度を達成しました。製品のライフサイクル全体で環境負荷の低減効果を定量的に評価するLCA(Life Cycle Assessment)で、石油由来のフィルムを使用した従来品と製品1個あたりのライフサイクルでのCO2排出量を比較すると、最大で約14%削減となることがわかりました。

また、水蒸気や酸素を防ぐバリア性が必要な食品に対しては、「DNPバイオマスプラスチック包材 バイオマテック IB-PET」フィルムを使用するなど、内容物や充填機の適正などに応じて仕様設計を行えます。ピロー袋の形状に加工したものやフィルムのロール状での提供が可能です。

*バイオマス度 : 使用する原料全体の乾燥重量の中で、植物由来のバイオマス原料の乾燥重量が占める割合。

<「DNP電子レンジ包材」について>

DNPの電子レンジ用包装材シリーズのひとつであるピロー袋形状のアンタッチスルーCタイプは、電子レンジでの加熱時に発生する熱と圧力を利用して、パウチの蒸気口が自動的に開口し、水蒸気を逃がして破裂を防ぐ仕組みです。パウチのシール部の一部に特殊樹脂をコーティングしており、高温になることで特殊樹脂が軟化して開口する設計で、通常温度では完全に密封しています。

                   

【今後の展開】

DNPは、食品や飲料、日用品などのメーカーに提供する包装材を可能な限りバイオマテックシリーズに切り替えていく方針です。海外メーカーのバイオマテックシリーズへの関心も高いため、海外市場にも積極的に展開していきます。今後、紙容器や成型品などの多様な形態の包装材にも展開し、バイオマテックシリーズの普及を通じて地球温暖化防止に貢献していきます。

DNPは、本製品を2015年5月より販売し、2017年度までに3億円の売上を目指します。

※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

 

 
 
 

ページトップ