DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2015年07月07日

 

大日本印刷とコンヴァノがデジタルサイネージによる広告配信事業で業務提携

ネイルサロン店舗で広告配信のネットワーク化を展開

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)とネイルサロン「ファストネイル」を運営する株式会社コンヴァノ(本社:東京)は、コンヴァノの店内に設置しているデジタルサイネージに向けた広告配信事業で業務提携しました。コンヴァノは、「DNPオリジナルコンテンツ配信・表示システム Smart Signage(スマートサイネージ)」を導入し、首都圏を中心に展開する31店舗のネイルサロンに設置しているデジタルサイネージ向けの広告配信を、8月に開始する予定です。

【「DNPオリジナルコンテンツ配信・表示システム Smart Signage」について】

http://www.dnp-signage.jp/solution/sol_010.html

SmartSignageは、デジタルサイネージで表示するコンテンツの制作・配信管理をシンプルな操作で効率よく運用できるシステムです。デジタルサイネージの設置環境により、ネットワークを通じてコンテンツ配信を行うネットワーク版と、USBメモリなどの媒体を介してコンテンツの更新を行うスタンドアロン版があります。また、印刷物やウェブサイト用のデータからデジタルサイネージ用コンテンツを簡単・迅速に作成・配信できる機能や、無線LAN機能を搭載したSDメモリカードを利用してネットワーク経由でコンテンツ配信を行う機能などがあります。

【ネイルサロン「ファストネイル」での広告配信の概要】

ファストネイルは、美容や健康などの新商品に関心が高く、“美しくなりたい”という本能的な願望を叶えたい20〜30代の女性が年間延べ30万人余り利用しているネイルサロンです。今回のデジタルサイネージでの広告配信は、女性の美容や健康に関連した商品やサービスを展開している企業に向けて、美意識の高い女性が集まる店舗を活用した新たなマーケティングの場を提供します。

ネイルの施術中は両手が塞がっているため、来店客は約30分の間、スマホも雑誌も閲覧することが出来ない状況です。コンヴァノは、施術中の来店客がその時間を楽しんで貰えるよう、店内にデジタルサイネージを設置しています。デジタルサイネージでは、ニュースやお役立ちコンテンツの番組、化粧品などの広告映像を上映することで、ほぼ100%の視認率を獲得しています。

また、来店客向けにスマートフォン用の予約アプリも8月から提供する予定です。施術中に見たサイネージ広告からアプリ内へ誘導し、来店客が商品のアンケートに回答すると、広告主の商品を景品としてプレゼントする広告メニューをつくります。ファストネイルで楽しみながら綺麗になるというコンセプトのもと、デジタルサイネージと予約アプリを連動させた施策も実施できます。

さらに、店内でのリアルプロモーションも充実させ、デジタルサイネージで上映した商品を試供品として、店頭で配布することも可能です。美意識の高い女性に商品を体験してもらい、興味や関心を高めるといった施策も実施できます。

広告主については、出版社(ファッション誌、コミック誌、健康・美容書籍)、美容系ポータルサイト、コンテンツホルダーなどのメディア企業や、化粧品、生活用品、酒、飲料、健康補助食品、食品、通販、アパレル、ジュエリー、旅行、コンビニエンスストア、飲食店、保険などの企業を想定しています。

【今後の展開】

DNPは、コンヴァノとの業務提携により、デジタルサイネージ技術を活用した広告媒体メニューの開発や、インターネット広告企業との連携、メディア企業とのタイアップなどにより、女性が興味を持つ魅力ある広告媒体メニューを投入し、多くの広告主を得ることで、2018年度までに4億円の売上を目指します。

さらに今後、女性向けの広告媒体メニューに加え、既に展開している大学や書店などのデジタルサイネージ媒体の他、新たなサイネージ広告媒体メニューを開発し、広告主と生活者との新しい接点をつくっていきます。

 
※  SmartSignageは大日本印刷株式会社の登録商標です。
※ 記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ