DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2015年07月14日

 

セキュリティ

上下を反転させると絵柄が切り替わるリップマン型ホログラムを発売

目視で簡単に真贋判定できるセキュリティ製品として模倣品対策用途向けに提供

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、上下を反転(180度回転)させると絵柄が切り替わるリップマン型ホログラムを開発しました。目視で簡単に真贋判定できるセキュリティ製品として、模倣品対策などの用途に向けて、7月14日に発売します。

【開発の背景】

近年、模倣団の技術が高度化し、より精巧な模倣品が作成されるようになってきたため、海外市場を中心に、より高いセキュリティ性が必要とされています。リップマン型ホログラムは、極めて偽造が困難なため、模倣品対策として多く採用されてきましたが、さらにわかりやすい真贋判別機能に対するニーズも高まっています。このようなニーズに応えて、今回DNPは、上下を反転させると絵柄が切り替わる効果を持つリップマン型ホログラムを開発しました。絵柄の切り替わりを目視で確認できるため、判定器具を用いなくても、即座に真正品を判別できるようになります。簡便かつ短時間で真贋判別が可能な技術は、高いセキュリティが求められる紙幣やパスポートをはじめ、さまざまな用途の模倣品対策として高い効果を発揮します。

【製品の概要と特徴】

リップマン型ホログラムは、フィルムに特殊なポリマー材料を塗布して、材料内部の密度を変化させることによって、屈折率の変化として干渉縞を形成して製造されます。その干渉縞に入射する光の回折現象により、立体的なホログラム像が再生されます。奥行きのある立体感の表現に優れており、高い意匠性と強固なセキュリティ性能が世界的に評価されています。

リップマン型ホログラムの製造には高度な技術を要するため、製造できるメーカーは、世界でもDNPを含む数社と限られています。その中でもDNPは、世界で初めて量産に成功しただけでなく、最も優れたリップマン型ホログラムの表現技術を有しています。さらに、リップマン型ホログラムの転写箔加工は非常に難度が高く、製品の模倣品対策としてリップマン型ホログラムを転写したラベルなどの製品を提供しているのは世界でもDNPだけです。

DNPは今回、新たな光学設計により、上下を反転させると絵柄が切り替わるリップマン型ホログラムを開発しました。今後、特別な器具を使わずに、目視で簡単に真贋判定できるホログラムラベルまたはホログラム転写ラベルとして提供していきます。

【今後の展開】

DNPは、商品券・ギフト券を発行する企業や、模倣品対策を必要とする自動車部品、電子部品、電池、医薬品、OAサプライ品などのメーカーに新製品を提供し、2017年度までの3年間累計で、10億円の売上を目指します。また、今後も継続的に、より高度なセキュリティ印刷技術の開発、製品化を進めていきます。

 
DNPはいま、「食とヘルスケア」「暮らしとモビリティ」「環境とエネルギー」「知とコミュニケーション」を成長領域と位置づけ、「未来のあたりまえ」となる製品やサービス、仕組みを創り出す取り組みを推進しています。
私たちの身近に常に存在して課題を解決する「未来のあたりまえ」のひとつとして、企業ブランド保護や、紙幣・金券などの偽造防止に用いられるセキュリティ印刷技術があります。DNPは、国内外での実績が豊富なホログラムのほか、複製困難な人工DNAを含有した印刷用インキ、圧力を印刷面にかけるとインキが発光する「応力発光印刷」の開発など、常に最先端のセキュリティ印刷技術の開発に取り組んでいます。

 

 
 
 

ページトップ