DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2015年09月02日

 

包装材・飲料

不快な臭いを吸着するフィルムを使用した包材を開発

アルデヒド系やケトン系などのにおいの吸着性に優れた包材の量産を開始

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、各種有機化合物から発生する不快な臭気を持つガス(アウトガス)のうち、アルデヒド系やケトン系の臭気を吸着する「DNPにおい吸着包材(アルデヒド・ケトン用)」を開発しました。医薬品や医療器具、産業資材、化学薬品などの包材向けに今年9月に量産を開始します。

【開発の背景】

アルデヒドやケトンなどの有機化合物を含む医薬品は、製造後の時間経過とともにアウトガスを放出するため、服薬時にパッケージ内に充満した臭いが患者に不快感を与えることがありました。また、医療器具のメスや作業着を袋に入れて電子線などで滅菌処理すると、電子線に照射された袋が、臭気成分を発生させることがありました。

この課題に対して今回DNPは、特定の臭いのアウトガスだけを吸着する材料をフィルムに添加することにより、不快な臭いを吸着する包材を開発しました。

【DNPにおい吸着包材(アルデヒド・ケトン用)の特長】

・特定の臭いを吸着する材料をフィルムに添加した包材です。医薬品を包装してから24時間後には、臭いの成分となるアウトガスがほぼ100%フィルムに吸着され、無臭状態になります(右図参照)。これによりパッケージ開封時の臭いによる不快感を軽減できます。

・一度吸着した臭気成分は、再放出されないため、継続的に効果を得ることができます。

・パッケージ内に消臭剤の小袋を入れる必要がないため、消臭剤の誤飲の恐れがありません。

・アルデヒド系やケトン系の臭気のほか、滅菌処理臭や樹脂分解臭などの吸着にも効果があります。

img1.gif

【今後の展開】

DNPは、主に医薬品や医療器具、産業資材、化学薬品などの包材として当製品を販売し、2019年度までに5億円の売上を目指します。

 

*DNPはいま、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「環境とエネルギー」「暮らしとモビリティ」を成長領域と位置づけ、「未来のあたりまえ」となる製品やサービス、仕組みを創り出す取り組みを推進しています。そのひとつとして、DNPは機能や性能に優れたフィルムを数多く開発し、提供してきました。1997年に液晶ディスプレー向けに外光などの映り込みを防止する反射防止フィルムの事業を開始し、1998年にバリアー性に優れた「DNP透明蒸着フィルム(IBフィルム)」を開発しました。また2003年に太陽電池の部材であるバックシートや封止材を開発し、2015年4月には、光合成の効率を高めることで作物の成長を促す「DNP農業用フィルム(反射保湿フィルム)」を発売しました。DNPは、今後も生活者のニーズを読み取り、様々な機能性フィルムを提供していきます。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

 

 
 
 

ページトップ