DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2015年10月05日

 

加工技術

防犯機能が高い合わせガラスで、太陽光の効果的な反射・拡散を可能にして室内をより明るくする“採光フィルム”を開発

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、窓から入る太陽光を天井などに効果的に反射、拡散させて、部屋全体を明るくする「DNP採光フィルム(合わせガラス用)」を開発し、10月に販売を開始します。強靭で、かつ表面の平滑さを実現した本フィルムをはさんで、2枚のガラスを接着させた“合わせガラス”は、通常のガラスよりも割れにくいという防犯機能と高い耐久性を備えるほか、高い採光機能も併せ持つことができます。

【開発の背景】

DNPは「環境・エネルギー」を成長領域のひとつと位置づけ、人々の豊かな生活に欠かせないような「未来のあたりまえ」となる製品やサービスを作り出す取り組みを進めています。

近年、省エネルギー対策として、窓に貼ることで太陽光を効果的に採り入れ、日中の室内を明るくして電力消費量削減につなげていく採光フィルムが注目されています。一方、フィルムを2枚のガラスで貼り合わせた“合わせガラス”は、通常のガラスよりも割れにくく、防犯用に使われています。この合わせガラスにおいても採光フィルムを使用し、太陽光を室内で明るくしたいというニーズがあります。しかし、従来の採光フィルムは、2枚のガラス間で熱圧着する工程で、フィルム表面が傷ついたり、光を反射・拡散させるための微細加工層が接着剤で損なわれたりすることで、採光機能が下がるという課題がありました。

この課題に対してDNPは、ディスプレー向け光学フィルムなどで培った光学設計や微細加工の技術を活かして、より耐久性を高めて防犯機能を持たせるとともに、合わせガラスとして貼り合わせても採光機能が損なわれない採光フィルムを開発しました。

【「DNP採光フィルム(合わせガラス用)」の特長】

・光を反射、拡散させる機能を、フィルムの表面ではなくフィルムの内部に持たせる構造にすることで、表面が平滑な採光フィルムとすることに成功しました。

・光を反射、拡散させるために使用する微細加工用の材料の光学特性を最適化することで、太陽光を効率的に取り込んで室内を明るくできるように設計しました。

・日当たりの悪い北側の窓に、本フィルムを使用した合わせガラスを設置して検証したところ、使用前と比べて室内の明るさが2倍に向上し*1、照明エネルギー(電気代)を13%削減できました*2

*1当社調べ 2015年6月5日午前9時から午後6時までに測定した最大値
*2当社調べ 2015年7月2日午前9時から午後6時までに測定

・太陽光の紫外線を99%カットできるため、人体や家具、カーペットなどへのダメージを軽減します。

・合わせガラスは、強靭なフィルムをはさんで2枚のガラスを貼り合わせることで割れにくい構造となっています。従来の採光フィルムは、表面を微細な凹凸に加工することで採光効果を発揮しますが、貼り合わせ用の接着層が凹凸を埋めて採光効果が損なわれるため、合わせガラスへの使用が困難でした。本フィルムは、採光機能をフィルム内部に持たせた構成にすることで、平滑な表面を実現しました。これによって耐久性も高まり、傷が付きにくく、合わせガラスへの使用が可能となりました。

img4.gif

 img5.gif    img6.gif

DNP採光フィルム(合わせガラス用)を使用したイメージ
従来の合わせガラス(左)と本製品を使用した合わせガラス(右)による室内の明るさの比較

【今後の展開について】

DNPは、本フィルムを一般住宅、オフィスビル、文教施設、商業施設、医療施設などに提供し、2017年度までに累計で30億円の売上を目指します。また、太陽光を有効活用する多様なタイプの採光フィルムの開発を進めていきます。

なお本フィルムは、10月7日(水)〜9日(金)にインテックス大阪で開催される「第3回関西高機能フィルム展」のDNPブースに出展されます。

※ プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

 

 
 
 

ページトップ