DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2015年11月09日

 

情報技術

みずほ銀行と共同で企業の帳票運用を高度化・効率化する「帳票管理システム」を開発

帳票改訂時の業務負荷軽減およびリスクを低減

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、株式会社みずほ銀行(本社:東京 頭取:林信秀 資本金:1兆4,040億円)と共同で、企業内の大量の帳票類に対して、条件による抽出や改訂などの運用の効率化を実現する「帳票管理システム」を開発しました。

DNPは、このシステムをクラウドサービスとして11月9日に販売を開始します。

【帳票管理システムの概要】

本システムは、大量の帳票を扱う金融機関や保険会社などに向けて、帳票のデータをシステムで一元管理し、企業の複数部門による帳票の「制作・改訂」、「承認」、「管理」業務を効率化します。

本システムの機能は以下の通りです。

<改訂帳票の全文検索・一括変更>

法改正等にともない、企業内の複数の帳票の改訂が必要となる場合など、帳票に記載されている全てのテキストデータから該当する記述を検索できる機能により、改訂が必要な帳票を抽出するとともに、変更すべきテキストを一括で修正することができます。

(例)消費税率改定時に、税率に関わる記載のある帳票を一括で改訂する。

 1.「消費税8%」をキーワードに全文検索→「消費税8%」の記載のあるすべての帳票を抽出する。

 2.「消費税8%」を「消費税10%」に変更し、全帳票を一括して改訂する。

<制作・承認・管理のワークフロー機能>

帳票を新規作成または改訂後、システム上で帳票を確認し、承認(否認)を行います。申請状況や履歴を管理しながら、円滑に申請・承認フローを回すことができます。

<新旧対照表機能>※オプション

過去10回の帳票を改訂した日と改訂内容の履歴を保存管理します。改訂時には修正前と修正後の変更箇所が明示された新旧対照表を自動作成しダウンロードする機能(※オプション)により、変更箇所の漏れ防止や改訂が正確に実施されたかどうかを責任者が承認する業務の効率化を実現します。

※「新旧対照表機能」は、株式会社ヒューリンクス(本社:東京 社長:藤澤義麿)の技術協力を受けて提供しています。

【帳票制作・登録時のDNPのサポートについて】

<紙保管帳票の電子化をサポート>

紙で保管されている帳票をスキャニングし、OCR処理によるテキストデータ化を行い、本システムに対応したテンプレートデータとして登録することで、全文検索などの本システムの機能が利用可能となります。

<帳票のユニバーサルデザイン対応をサポート>

既存の帳票をユニバーサルデザインの視点で見直し、多くの人にとって、より記入しやすく、見やすい帳票に改善します。また、帳票制作時のルールや注意事項などを纏めたガイドラインを策定することもできます。

【帳票管理システムの価格(税抜き)】

初期導入費用 : 700万円〜

月額利用料金 : 55万円〜

※スキャニング作業や帳票見直し提案などは、別途費用が発生します。
※帳票の初期登録作業に、別途費用が発生する場合があります。
※帳票は、Wordまたは、システム独自のテンプレートデータで登録します。Word以外の帳票は、テンプレートデータに変換して登録を行うことで、ファイル形式やバージョンに捕らわれずに本システムの機能を利用できます。

【今後の展開】

DNPは本システムを金融機関や保険会社などを中心として提供し、2016年度に年間2億円の売上を目指します。

 
*DNPはいま、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」を成長領域と位置づけ、「未来のあたりまえ」となる製品やサービス、仕組みをつくり出す取り組みを推進しています。そのひとつとしてDNPは、生活者の利便性向上とともに企業の業績拡大に貢献するソリューションを提供していきます。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ