DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年01月12日

 

セキュリティ

自動車業界向けに車載システムのセキュリティ対策サービスを開始

車両の盗難や遠隔操作による乗っ取りにつながる秘密情報の漏えいを防止

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、自動車業界向けに、車載機器に搭載されているアプリケーションの改ざんや秘密情報の不正な取得などを防止し、車載システムのセキュリティ性を高めるサービスの提供を開始します。その第一弾として、車載システムの秘密情報の不正な取得を防止するソフトウエア「CrackProof(クラックプルーフ)」と、車載通信機器に組み込んで通信データを暗号化し、通信機器同士の認証と管理を専用サーバーで行うシステム「DNP Multi-Peer VPN(Virtual Private Network)」を活用した自動車業界向けのセキュリティ対策サービスの提供を開始します。

【サービス開始の背景】

近年、車載システムのデジタル化やインターネットへの接続などにより、自動運転や運転補助、高度なナビゲーションといった機能が車に備わり、生活者の利便性の向上が図られています。一方、自己故障診断(OBD II:On-board diagnostics II)を介した、自動車の各種データを読み出すアプリケーションの改ざんによる、自動車の遠隔操作が問題視されており、車載システムに対するサイバー攻撃対策が急務となっています。

今回DNPは、ICカードの製造・発行やソフトウエア開発、各種情報セキュリティ製品・サービスの開発で培った技術・ノウハウを活かし、車載システムや通信機器のセキュリティ性を高めるサービスの提供を開始します。

【不正改ざん防止クラッキング対策ソフトウエア「CrackProof」の自動車への活用】

「CrackProof」は、株式会社DNPハイパーテック(DNP子会社)が開発したアプリケーションの不正改ざんを防止するクラッキング対策ソフトウエアです。

自動車の電子制御化に伴い、制御システムにおけるアプリケーションのセキュリティ対策の重要性が高まっています。また、自動車がインターネットを介して連携するスマートフォンアプリや、車載情報端末(IVI:In-Vehicle Infotainment)アプリなども登場しています。制御系のアプリケーションがクラッキングされると、自動車の制御データや車載コンピューター(ECU:Engine Control Unit)の仕様などの機密情報が漏えいし、悪用されるリスクがあります。また、自動車に対するリモートコントロール機能を持ったスマートフォンアプリがクラッキングされることで、ドアの解錠などを不正に行われる危険性があります。これらのアプリケーションをCrackProofで強力に堅牢化することにより、被害を未然に防ぐことができます。

<詳細はこちらをご覧ください。 http://www.dnp.co.jp/news/10115902_2482.html

【機器間のセキュアな通信環境を実現する「DNP Multi-Peer VPN」の自動車への活用】

「DNP Multi-Peer VPN」は、通信データを暗号化するソフトウエア開発キット(SDK:Software Development Kit)と、クラウド環境またはオンプレミス(自社環境内)に設置するVPNマネジメントサーバーで構成されています。「DNP Multi-Peer VPN」のVPNマネジメントサーバーは、複数の通信機器を自動で認証するだけでなく、複数の機器間通信(Peer to Peer通信)を可能とするので、車載システムのリモートバージョンアップ機能の悪用を防止し、車載システム同士の通信、及びクラウドサービスでの安全な通信環境を提供することが可能になります。

「DNP Multi-Peer VPN」のソフトウエア開発キットを車載通信機器に組み込むことで、通信機能の安全性が高められるため、自動車とサーバー間や、自動車間同士の通信経路の傍受による車載システムのコマンド解析や、秘密情報の漏えいなどを未然に防ぐことができます。

<詳細はこちらをご覧ください。 http://www.dnp.co.jp/news/10116166_2482.html

【今後の展開】

DNPは、自動車業界に向けてDNPのセキュリティ対策製品・サービスを提供し、自動車メーカー各社の車載通信機器への組み込みを進め、2020年度までの5年間で50億円の売上を目指します。

なおDNPは、2016年1月13日(水)〜15日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第8回 オートモーティブ ワールド」内の「第4回 コネクティッド・カー EXPO」のDNPブースで「CrackProof」と「DNP Multi-Peer VPN」を紹介します。

 
※DNPはいま、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」を成長領域と位置づけ、新しい価値の創出に取り組んでいます。そのひとつとして、DNPは社会的なニーズが高まっている情報セキュリティへの対応を強化して、コンサルティングやマーケティングなどを含めた各種情報セキュリティソリューションを提供しています。
 
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ