DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年03月08日

 

「DNP集客アプリ作成サービス PASSMART(パスマート)」の機能を拡充

アプリで残高確認できるプリペイドカード機能の追加 最適な情報配信で店舗への誘導が可能に

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、企業のスマートフォン向け販促アプリサービスに必要な各種機能を提供する「DNP集客アプリ作成サービス PASSMART®(パスマート)」に、アプリで残高管理ができる“プリペイドカード機能”を追加しました。

【機能拡充の背景】

DNPは、O2O(Online to Offline:ネットサービスによる来店促進)サービスによって集客増を図りたい店舗や企業に対し、簡単な設定でスマートフォン用アプリの作成や運用に必要なサーバーをクラウド環境で提供する「DNP集客アプリ作成サービスPASSMART」を2013年11月から提供しています。本サービスは、比較的短期間・低コストでスマートフォン向けO2Oサービスが導入できるため、スーパーマーケット、ドラッグストア、飲食店、レジャー施設などを運営する多くの企業で採用されています。これまでも機能の拡充に取り組んでおり、2014年4月にはネットチラシをアプリに配信できる機能を、同年11月には、ポイントサービスとの連携機能とWebサイト上でのアンケート実施機能を追加しました。また2015年11月、来店回数に応じたサービスが提供できるチェックイン機能を追加したほか、多言語に対応した訪日外国人用アプリの制作も可能とするなど、利便性の向上を進めています。

今回は、「DNPハウスプリペイド決済サービス VALUE TACTiX®(バリュータクティクス)」と連動させて、アプリでプリペイドカードの残高管理ができる機能をPASSMARTに追加しました。

【プリペイドカード機能の概要】

VALUE TACTiXは、プリペイドカードの残高管理を行うASP型サービスです。店頭のPOSもしくは専用端末でプリペイドカードの決済(残高の減算)や入金(残高の加算)が行えるほか、パソコンやスマートフォンなどから会員向けWebサイトにアクセスして残高を確認することができます。

今回、PASSMARTとVALUE TACTiXを連動させることで、企業の店舗への集客用アプリ上でプリペイドカードと同様の機能が利用できるようになります。例えば、カードを持ち運ばなくても、アプリでいつでもプリペイド決済や残高が確認できます。また、プリペイドの利用状況を集約して顧客動向を把握し、集客アプリのプッシュ配信機能で、アプリ利用者のスマートフォンに最適な販促情報やクーポンを提供するなど、顧客の囲い込み施策を強化することができます。

【価格(税抜き)】

<PASSMARTスタンダードプランとプリペイドカード機能を利用した場合>

初期費用:300万円〜、月額利用料:45万円〜+決済金額に応じた手数料

※初期費用、月額利用料は、利用者数・会員数の規模に応じて段階的に変動します。
※プリペイドカードを使用する場合はカード製造費が別途発生します。
※専用端末を使用する場合は専用端末費が別途発生します。
※POS改修を行う場合はPOSメーカーへの費用が別途発生します。
※スタンダードプランは、ニュースやデジタルクーポンの配信、クーポンを保存するPASSBOX、デジタル会員証、アプリ内ブラウザ、利用ログダウンロードなどの機能が利用できます。
※オプション(プッシュメール通知、ネットチラシ配信、ポイント連携、アンケート実施、店舗へのチェックインの機能)を利用する場合は、別途費用が発生します。

【今後の展開】

今後DNPは、スーパーマーケットやドラッグストアなどの流通小売やサービス業、直営店を持つメーカーなど、生活者と接する拠点を持つ企業を中心にPASSMART関連のサービスを提供し、2016年度で5億円の売上を目指します。また、長年培ってきたコミュニケーションデザインのノウハウなどを活かし、今後もO2Oサービスを導入、運営する企業のニーズに柔軟に対応していきます。

なおDNPは、3月8日(火)〜11日(金)に東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2016」のDNPブースで本サービスを紹介します。

 
※DNPはいま、「知とコミュニケーション」「食とヘルスケア」「住まいとモビリティ」「環境とエネルギー」を事業の成長領域と位置づけ、新しい価値の創出に取り組んでいます。その一環として、生活者の嗜好をはじめ、情報閲覧や来店、購買などの行動を分析し、生活者が望む情報を欲しいときに最適なカタチで提供することで、継続的に生活者の購買意欲を高め、生活者と企業とのコミュニケーションを活性化させる「循環型コミュニケーション」の実現を目指しています。
※PASSMART とVALUE TACTiXは、大日本印刷株式会社の登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。
 
 
 

ページトップ