DNP 大日本印刷

menu

 

ニュースリリース

2016年03月29日

 

女性活躍推進に関する行動計画を策定

女性が指導的立場で活躍できる雇用環境の整備に向けて

 

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長:北島義俊 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、女性活躍推進の一環として、女性が指導的立場で活躍できる雇用環境を整備するための行動計画を策定しました。

2016年4月〜2019年3月の3年間で、今回策定した行動計画を推進していきます。

【背景】

DNPグループは、「人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。」という企業理念のもと、さまざまな課題を解決し、能動的に生活者や社会に貢献していくことを目指して活動しています。こうした新しい価値を創造していくビジネスにおいては、女性の生活者視点や感性が不可欠であり、女性社員の活躍がますます重要になっています。

DNPは、2000年代初めから、まずは女性社員の離職防止を目的として、女性活躍推進の研修や制度を充実してきました。2010年以降は、女性がさらに活躍できる環境づくりを目指して、仕事と育児の両立支援セミナーを開催し、夫婦での参加を呼びかけているほか、短時間勤務制度利用者のキャリア構築を支援する研修や評価制度の充実に取り組んでいます。また2013年より、従来の労働時間削減の取り組みを一歩進めて、時間資源の有効活用によって仕事の付加価値を高める「働き方の変革」活動を推進するなど、さまざまな取り組みを組み合わせて女性活躍推進に力を入れています。

今回、こうした取組みをさらに進め、女性が指導的立場で活躍できる雇用環境を整備するための行動計画を策定しました。

【女性活躍推進に関する行動計画の概要】

「女性管理職(課長以上)の人数を現在(2016年2月末)の2倍にする。」という目標を達成するために、2016年4月〜2019年3月の3年間で、以下の取り組みを進めます。

  1. 中核的ポジションを担える女性を育成するため、現在の教育プログラムを見直し、キャリア形成を意識した新しい教育体系を整備していきます。
  2. 指導的立場で活躍できるよう、女性社員の中長期的なキャリア形成を支援するため、出産前から職場復帰までの期間における面談を新たに実施する計画です。また、現在実施している自己申告制度等の面談においても、面談マニュアルの整備や実施方法の見直しなどを全社共通の施策として進めていきます。
  3. 女性社員の育成・登用を積極的に促進するため、事業部門ごとに事業環境や職場環境などに沿った施策を立案・実施するほか、指導的立場で活躍していくための女性の育成プランの立案・実施に向けた仕組みづくりをします。
  4. 出産や育児などのライフイベントと仕事の両立をより積極的に促進するため、両立支援制度をキャリアアップと連携させた制度として活用できるように見直しを図ります。
  5. 時間外労働も含めた従来の働き方を改善するために、より効率的・効果的な働き方の実現に向けた職場単位の活動や、年次有休休暇取得向上のための取り組みを進めます。

詳細は、女性活躍推進法に基づく行動計画をご参照ください。

 
 
 

ページトップ